1/12 ROBOX BASIC レビュー

割と気になってたので買ってみました。
グリングリン良く動く、結構面白い玩具ですねぇ。

という訳で今回はセントイズ(1000toys)より、
ROBOX BASIC ノンスケール ABS&PA製 塗装済み 完成品 可動フィギュア
をレビューしますよ。

1/12で変形する、となればロボット玩具好きとしてはやっぱ気になる訳でして。
無骨な見た目と言い、ギミックと言い良く出来てるなぁ、と。
ちょっと高い気もするが。

まだベーシックしかでてませんが、今後はThreeAのCAESARみたいに色々出るのかしらね。

スポンサーリンク


箱正面はこんな感じ。




クルクルクルッと。

Kim Jung-Gi(キム・ジョン・ギ)という有名な方がデザインしてるらしいです。
このガイコツみたいなヘッドのやつもそのうち出るのかしらね。


1/12フィギュアと大きさ比べるとこんな感じ。

毎度おなじみカスタムリリィType-Bと比べてみました。
何気に結構コンパクト。


パカッと。

中身は本体と説明書、という感じです。
付属品は特にありませんよ。

ROBOX BASIC・箱型


正面はこんな感じ。



クルクルッと。

入ってる状態に盾つけるとこんな感じになります。
見事に箱!って感じですね。


試しに1/12スケールの倉庫に置いてみた。


立てかけてみたり。

割と荷物っぽく見えますねぇ。
数揃えて置いてみる、とかしても面白いかも。


1/12のフィギュアと比較するとこんな感じ。

高さも薄さも結構コンパクト。

さてこのROBOX、もちろんこれだけではございません!

変形!


この状態から…


盾をパージ!


ジャキンッ!と開いて!!


閉じる!!


グリグリッと肘と膝の関節を回転させ…


首を延ばして~…
(胴体前のパネルが外れるので、動かしやすいですよ)



実は膝についてるハンドガンを持たせて完成!

ROBOX BASIC・人型


正面はこんな感じ。



クルクルッと。

箱型から人型に完全変形!

腕の突起部分にシールドつけることができますよ。


1/12と比較するとこんな感じ。

箱型だと半分くらいでしたが、人型になる事で少し大きい位にまでなります。

いじってみた感じ、割とフォルムが変わる割には関節がしっかりしていて、且つ実はそこまで複雑怪奇な変形ではないので、かなり遊びやすいです。
ボールジョイントをフルに使ってる感じですねぇ。



ちょっと気になったのはここら辺。

膝部分には装甲の内側にボールジョイントが入ってまして、これが脚部の動きをつかさどるわけですが、ちょっと普通じゃない関節なので脚のポーズ取らせるのにちょっとてこずるかもしれません。

肩部分もボールジョイントになってるんですが、肩装甲の内側に溝がありまして、稼働させる場合はそこに干渉しないようにする必要があります。

またこれボールジョイントにさらに回転軸入れてるので、結構脆く、最も破損する可能性が高いのはここかなぁ、という気がしますね。






マークが色んな所についてます。

また非常にわかりづらいと思いますが、微妙に茶色で汚しが入ってたりしますよ。


胴体正面パネルはこんな感じ。

ここはメカっぽい感じですねぇ。
この顔とか何気に好きよ。





ガシガシと動かしてみる。

変態変形機構のおかげもあって、このロボット結構動きます。
ブリッジも出来るぞ!!

また関節の保持力も固めなので、片足立ちしながら膝蹴り、みたいな真似も余裕。


肘と膝の関節はこれくらいまで曲がる。

肘と膝は軸接続になっておりまして案外曲がりません。
ただ根元の部分に切れ込みが入ってる箇所があるので、そこを使えばもっと曲げることは出来ます。

肘は自然な感じに曲げられますが、膝はちょっと不自然になるかなぁ。
裏側が表に来る感じになるので。


腰回り。

パッと見前後に動きそうに見えますが、実は回転軸しかありません。

灰色のフレームで正面パネルは動かせますが、背面は一体フレームになってるので動かねぇんですよ。
ここがちょっと残念といえば残念かも。

ちょっと気になるところはありますが、可動域が広いことに変わりはない!
見た目も好きだし、という事でブンドドしてみますよ。

ブンドド!











ROBOXが勝つといつから錯覚していた…?
いや、勝たせろよ。


余談ですが相手役のDesigner Series X “Megaman X” アクションフィギュア (並行輸入品)、めちゃくちゃ出来がいいです。




何気に1/12と同じくらいのサイズ。

このX(通称水野版ロックマンX)、交換表情と手首が1種類しかない、という点は気になりますが、見た目、アクションともにかなりハイレベルでまとまっていて、遊んでてすっげぇ楽しいです。

付け替えでロックバスターもありますし、それもエフェクトついてるわ、発光するわとプレイバリューが非常に高いですね。
背面のブースターも展開状態に出来たりもしますし。

合金比率も結構高いので重量感もありますし、足首と股関節に引き出し構造ついてるしでポージングにも困りません。

ロックマンX好きな人なら多分刺さると思うので、超おすすめ。


最後はそれっぽい写真で〆。
ここで終わるとメインが何かわからなくなるし…

という訳でROBOX BASICのレビューでした。

中々遊び買いがある玩具だな~と思いましたね。
デザインも軍事用ロボットって感じでかっこいですし。

ただまぁ定価7,000円弱と結構するので、そこら辺が気になるといえば気になりますかねぇ。
海外トイみたいなもんだと思えばそこまで気にならないけども…

今後の展開がどうなるのかはわかりませんが、気になる方は是非。


Amazonへのリンクはこちらです。


相手方の水野版ロックマンX。

マジこれお勧め。

余談ですが、つい最近このブログリニューアルしたんですけどもどうも2014年6月以前の記事で一部リンク切れを起こしているところがあるようです。

ある程度は直しましたが、ご指摘いただければなるべく対応しようと思いますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク