アッセンブルボーグ∞NEXUS アーモロイド AMR-7000NL

パッと見拡張性ないように見えて、何気に高いポテンシャルをほこる楽しい玩具です。
…ちょっと動かしづらいけど。

というわけで今回はアッセンブルボーグ∞NEXUSアッセンブルボーグ∞NEXUSより、

アッセンブルボーグ∞NEXUS アーモロイド AMR-7000NL ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB021アッセンブルボーグ∞NEXUS アーモロイド AMR-7000NL ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB021
をレビューしますよ。

一見すると頭が特徴的なただの人型ロボットに見えますが、なんつーか良くできてます。
具体的には部品単位で。

実物触る前と後とで、評価が変わる商品なのかな~と思いましたね。

・箱
IMG_7425r
表はこんな感じ。

何が入ってるか一発でわかるクリア仕様になってます。

ちなみにこのアーモロイド、時期によって関節の強さが違うらしいです(新しいのにはシールはってあるはず)。

IMG_7428r
IMG_7430
IMG_7429r
くるくるくるっと。

アッセンブルボーグ∞NEXUS ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB020アッセンブルボーグ∞NEXUS  ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB020にアーモロイド成分足したような感じになってます。

2つ一緒に買ってね、というダイレクトメッセージですかね。
大丈夫、もう買ってる。

実際問題、この2つって立ち位置が微妙に違うんで、両方あったほうが楽しめるんですよねぇ。

IMG_7429r2
部品表はこんな感じです。

概ね2つ1組になってますが、いくつか1個だけのやつがあるんで、2個買うと全て偶数になりますね。
多々買え…多々買え…

・中身
IMG_7431
中身はこんな感じ。

本体と冊子が1つ入ってます。

因みにこの冊子には旧盤も含めてほぼ全ての商品の内容が載ってますが大半が手に入らないという。

値上がりしてもいいからトライストライカーだしてくれよぅ…(唯一持ってない商品)

ものによっては秋葉の海洋堂にまだ置いてありますが、あれも徐々に少なくなってんだよなぁ。
(通販も出来た…かな?)

それはそれとしてこの商品は概ねひとつになった状態で入ってるので、早速出してみましょう。

IMG_7433
というわけで汎用支援型火器フレームドロイド、アーモロイド。

IMG_7435r
IMG_7436r
くるくるっと。

なんというかあまりとがったところがない、スマートな感じのロボットです。

IMG_7437
IMG_7438
適当にアップで。

相変わらずディティールがとてもかっこいいですね。

穴開いてるところにはリボルバージョイントさせるんですが、そういうデザインなんだな~、と妙に納得してしまう辺りマジでよく出来てるな、と。

アクションフィギュアだし~って事で適当にアクション。

IMG_7446r
ビシッと構え。

IMG_7444r
キーック、的な。

IMG_7448
あっひゃーなポーズ。

最後の写真は別にこのロボが嫌いなわけじゃありませんw
腕やら何やら限界まで動かしたらこんな感じになりました、という感じなんですが…

実はこのアーモロイド、ジョイントの接続の都合&部品の造型のせいで、あんまりかっこいいポーズが取れません。

下半身は足開くととたんに安定しなくなるし、腕も足も造型の都合上、あまり可動範囲が広くないという。

アクションフィギュアなのに動かせないとかダメじゃね…?
アーモロイドダメな子なん…?

そんなことはございませんっ!

確かに可動はイマイチですが、このロボットの真価は組み替えにこそある!といえるんじゃーないでしょうか!
(何故か熱弁。だって俺このシリーズ好きやもん)

このアーモロイド、部品がとてもよく出来てまして色んなものに組みかえられます。

何気に組み換えできて人型ロボにもなるってアッセの中でも珍しいし、玩具の中でも珍しいと思うんですよね。

冊子の方にもいくつか組み替えパターンは載ってますが、そっちは買った時にでも見てもらうとして俺がサクサクッと作ったのをいくつかご紹介しますよ。

DSC_0067
その1、雑魚っぽい砲台。

DSC_0068r
その2、支援戦闘機っぽいもの。

DSC_0070r
その3、お手手の長いソードマンロボ。

DSC_0072r
その4、二輪車。

5Ztk6r
番外編、メガキャノンモード。

最後のやつはネクサスに持ってもらってますが、キャノンそのものはアーモロイドの組み換えです。

このように結構マジで色んなものに組みかえられます。
部品点数が少ないのもあって、そんな時間かけなくても組み替えられますし、中々楽しいです。(1個辺り20分位で組み替えてました)

パーツの癖は強いように思うんですが、色んなものに見立てられるんですよねぇ、これ。

旧盤と違って、接続できる箇所がめちゃめちゃ多い(胴体とかはやる気になればジョイント15個差す、とかも可)というのも遊びの幅を広げてますねぇ。

個々のデザインが良くできてるからかな~と思いますが、パーツ単位でこんだけ汎用性が高くてデザインも良い、というのは結構凄いのではないかと。

その分可動範囲が犠牲になってる感はありますが、アクションはネクサス(素体の方。商品名と一緒なのがややこしい)の方で楽しんでね、という事なんだと思います。

ネクサスがあるとより楽しめると思いますが、これ1体だけでも充分楽しめますね~。

複数あると部品が増えて作れるものも広がって、より面白くなりますが、部品が全体的にちいさいのがネックになるかもしれませんね。

IMG_7443
アーモロイドフィンガァァァッ!

実はこの手も動くよ、という写真で〆!

というわけでアッセンブルボーグアーモロイドのレビューでした。

アッセで組み替えやってみたい、という人に特にお勧めです。

アクションフィギュアとしてのアッセを求める人は、ネクサスの方が向いてると思います。

あっちは組み換えで遊ぶのは結構厳しいものがありますが、フィギュアとしては良く動きますので。
(ネクサス素体を使ってる商品のレビューはこちら)

夏のワンフェスでまた新しい商品展開とかあるといいですねぇ。
個人的にはそろそろ大型モデルに来て欲しいんですが、お高いんでしょうねぇ…

買いますけど。


Amazonへのリンクはこちらです。
アマで買えるとかいい時代になったもんです。


アクションフィギュアを求める人、アーモロイドの性能をフルに活かしたい方はこちらもどうぞ。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。