EdStar 1/12 Undead Ninja Army(不死忍之団) ESS-003F レビュー

ひさっしぶりに仕事で東京行ったら見つけたのでその怪しさにつられてついつい買っちゃいました。

ちと遊びづらいところはありますが、一応アンデッドらしいのでハロウィンにもちょうどいいんじゃないですかね。

という訳で今回はEdStarより、

1/12 Undead Ninja Army(不死忍之団) ESS-003F

をレビューしますよ。

因みに1/6もあるみたいです。

武器セットも買ったのでそいつも一緒にやろうかと思いますよ。
アマゾンで見つけたのはちょっと色違うのよねぇ。

スポンサーリンク

1.不死忍之団 ESS-003F

箱正面はこんな感じ。

クルっと。

商品画像が貼ってある以外はもろにダンボール、というシンプルな仕様になっております。
エコですね。

どうやら商品画像の下のチェックボックスが赤くなっているものが入っているみたいです。
確認した範囲では商品画像=入っているもの、って感じだったので多分悩むことはないとは思いますが。

パカカカッと。

外見が超シンプルなので中もシンプルだったらどうしよう、と思ってましたが割としっかり梱包されていて一安心。

海外の1/12のフィギュアだとこんな感じのが多いですねぇ。

そんなESS-003F本体はこんな感じ。

クルクルっと。

この忍び装束に鬼の面、っていうのがズガッと来たんでついつい買っちゃったんですよねぇ。

EdStarのオフィシャルサイト(英語)を見る限りでは、鬼の他に天狗とか狐もいるらしい。

布服着せる素体なのと襟肩周りが非常にシンプルなのでちょっと首の長さが気になる所でしょうか。

多分使ってる素体は海外製のこの手のアクションフィギュアでよく見るやつと同じだと思いますが。

顔アップで。

この鬼というか般若のお顔がお気に入り。

アンダーウェアは鎖帷子を模した感じのものになってますがブルーメタリックなのが気になるっちゃー気になるかも。

忍装束。

何気に結構クオリティ高いですよね、この衣装。

個人的にこういうの作ってみたいので脱がして参考にしてみようかしら。

足元は足袋。

PVCで造型されてるのでこの上から靴履かせるとかは難しいですね。
海外だと布服のフィギュアでも靴はPVCな事多いのよね。

付属品はこんな感じ。

手首が8つにクナイが4つ、忍者刀が1つと何気に手首が豊富です。
本体付属のもいれると10種類ついてくるってのはいいですね。

ただこれ、ちょっと問題あるんだよなぁ…

因みにオフィシャルではこの商品、withダイキャストってなってますが金属部品はこのクナイのみですよ、多分。

付属品もたせるとこんな感じ。

割といい感じに保持できますし、忍者刀はギリ両手持ち可能。

ただ刀身がヘニャってるんだよなぁ、これ…

造型的にも切っ先がダルかったりとちょっとイマイチな感じです。
塗装も方向性は好きですがちょい雑。

デザインは独自性があってかなり好きなんですが細かい所の粗が目に付く、という感じでしょうか。

どうせなら遊びたい、という事でここで武器セットの方をご紹介。

2.ESS-003G ダイキャストウェポンセット

箱はこんな感じ。

相変わらずのドシンプルさ。

パカッと。

何気に種類が豊富且つ他ではあんまり見ない装備が目白押し。

その1、トンファー。

その2、三又。

その3、十手。

これらは本体付属のものから持ち手の幅が小さい手首に交換して持たせるんですが…

これが全く保持しない。

トンファーと三又はちょっとひっかかる部分があるのでそこを持たせればギリギリ固定は出来ますが、十手はほぼ固定できないんで少し動かすと落ちます。

手首の種類が多いのはいいんですが、使えないと意味ないじゃん…
全体的に軸細すぎなんですよねぇ、これら。

その4、フックソード。

これもかなり心もとないですがハンドガードがあるんである程度持てます。

その5、ヌンチャク。

これはそこそこ保持できます。
また紐が結構長いので(結びなおしたんでちと短くなってますが)割と動きもつけやすくていい感じ。

その6、手裏剣。

これらの装備品の中では最もまともに保持できるのがこいつだったりします。
まぁ忍者だしこれと刀とクナイもてりゃいいっちゃいいのかもしれませんが…

武器のチョイスと数は評価できますが使いづらいってのはイマイチですねぇ。

またこのオプションの武器は全て金属製ですが非常に薄いので簡単に曲がります。

下手に直すと折れそうなんであまりいじってませんが…
金属を使う事でシャープにかっこよく!という方向性は合ってると思うんですがどうも詰めが甘いのよね…

3.一部の武器はピコニーモでも持てるよ

フックソード、ヌンチャク、手裏剣はピコニーモ武器持ち手であれば何とか使えます。

ちと緩い感じはありますが…

ヌンチャクは結構楽しいです。

紐の長さがあるのと割と打突部分がでかいので扱いやすいんですよねぇ、これ。

武器も役者もそろいましたし最後に軽くブンドドを。

4.ブンドド!

武器の保持力には問題ありますが、素体自体はそこそこ動き保持力も良く安定性も地味に高いので動かしやすいんですよねぇ、これ。

見た目も好きですし…武器の保持力さえあればなぁ。

という訳でEdStarより、1/12 Undead Ninja Army(不死忍之団) ESS-003Fのレビューでした。

遊びやすいとは決して言えませんが、個人的にはこういうフィギュアは好きですね。

見た目の独自性、武器セットの内容とかはかなり好感触です。
衣装も割かし良く出来てますし。

またどう見たって悪役(つーか一応死んでるんだよね、こいつ)なので相手役をお求めの方にはいいかもしれません。

元々1/6のメーカーさんみたいですが、今後とも頑張っていただきたいところですね。

今後の予定がイマイチわからないんですが、刺されば買うと思います。

色違い版のAmazonへのリンクはこちらです。

同じやつは見つからなかったんですよねぇ。
因みに忍装束が黒の方がESS-003C、紺色の方がESS-003Fです。

他のは顔からいって違う。

実は同じくらいの時期にこんなのが出てたりもする。

違うメーカーなんですがなんでか似たようなやつ出てるんですよねぇ。
こっちの方はよりエキセントリックではありますが。

スポンサーリンク

1/12の小物

Posted by てつじん