Garden (Palm)er season2 レビュー

「私服っぽい布服着たフィギュアがあったらモブとかに便利なのになー」と探していて見つけました。
ちょっとサイズ的に問題はあれど割と使える。

という訳で今回は
Garden (Palm)er season2
をレビューしますよ。

いつもはAmazonか楽天のリンクのっけてますが、今回は関連商品含め全く見つからなかったためノーリンクでいきます。

結構レアなんじゃないかなぁ、多分。
国内発売はしてないですが、こういうセットものならバラ位はあったりするんですけどねぇ。

スポンサーリンク

箱正面はこんな感じ。

クルクルクルッと。

これ1セットで全部そろいます。
一応1/12スケールですが…まぁそこは後述。

season2となってますが、とりあえずseason3までは出てるみたいです。
マイケル・ラウという人がデザインした布服製アクションフィギュアシリーズみたいですよ。

因みに例によって例のごとくどういうものかはよくわかってません。
いやだってちょうどニーズに合うものがあったらとりあえず買ってみようってなるじゃないっすか…

パカッと。

こんな感じに9個がまとめて入ってます。

セット売りのパッケージは普通ですが、これバラのパッケージが非常に特殊なんですよね。
という訳で個別にご紹介。

個別のパッケージはこんな感じ。

パカッと。

このよーにスプレー缶っぽい容器にフィギュアが1体入ってる、というかなり変わった感じになってます。
しかもこの缶、見たまんま金属でできてるんですよね。

アイディアとしては非常に面白いな~と思いました。
ただこれ、1セット定価560ドル弱(今のレートで63,000円弱、1体当り7,000円位)と結構いい値段するんですが、その原因はこのパッケージにもある気がしてならない。

因みに外観はどれも一緒ですよ。

そもそもこれの未開封のばら売り品を見る事自体が稀だとは思いますが、外側からだとどこに何入ってるのかを判断するのは難しいですね。

ただフィギュアによって割と重さに違いがあるので、持ってみればなんとなく当たりはつくかも。

中身はこんな感じ。

ドール本体に針金っぽいスタンド、ボーナスパーツが入っている黒い袋という感じの構成になってます。

ボディは袋詰めになってますが、割と愉快な姿勢で収納されてるので、場合によっては破損してる可能性もあるんじゃないか、という気がしますよ。

それでは個別にご紹介。
順番は開封順になってますよ。

1.Mono

本体はこんな感じ。

肌の色がどう控えめに見てもヤバいですねw
何気に両手に色違いの腕時計をつけていたり。

ボーナスパーツはこんな感じ。

2.Prodig

本体はこんな感じ。

上半身マッパで背中に入れ墨がありますね。
手の形からしてもヒャッハーな感じのパリピっぽい雰囲気が。

ボーナスパーツはこんな感じ。

3.German F

ヘッドが人間じゃねぇ、という変化球。

何気にボディも標準のものよりも小さくなっていたりと結構見どころが多いですね。

ヘッドはこういう使い方も出来る。

恐らくスプレー缶の噴射口だと思うんですよねぇ、このヘッド。
黒い部分は動くようになってまして目線を動かしたりもできますよ。

ボーナスパーツはこんな感じ。

4.Miss in Wakeboard

本体はこんな感じ。

このシリーズの紅一点です。
…だからって顔を赤くしなくても良かったのでは。

ボーナスパーツはこんな感じ。

5.Detective

本体はこんな感じ。

探偵…なんですかねぇ。
それっぽい記号全くないので名前なのか職業なのか不明。

ボーナスパーツはこんな感じ。

6.Lazy B/W

本体はこんな感じ。

手の甲にある入れ墨が左右で違ってたりします。
余談ですがこれ商品画像とか見ると肌色白なんですが、実際に開けてる人の画像を見ると肌色黒になってるみたいです。

白のやつもいるのか、途中で肌色変わったのかは不明。

ボーナスパーツはこんな感じ。

7.Young Fatwest

本体はこんな感じ。

顔が物凄く丸いですなぁ。

ボーナスパーツはこんな感じ。

8.Colorz

本体はこんな感じ。

これはこれでヘッドの自己主張がパネェです。
因みにこいつは素体が標準よりでかい事もあって、他のやつに比べると缶を持った時に重さを感じましたね。

ボーナスパーツはこんな感じ。

9.Young B/W

本体はこんな感じ。

Lazy B/Wとの関連性は不明。
個人的にはこっちの方が好きですかね。

ボーナスパーツはこんな感じ。

ボーナスパーツを集めるとこんな感じ。

9人に付属する部品を集めてレッツ人体錬成!!
錬成って一発変換できるのは凄いな。

10.Bonus 02

本体はこんな感じ。

何気にシンプルで使いやすくていい感じなのよね、こいつ。
恐らくseason1についてくるやつはBonus01なんでしょうなぁ。

可動は動かしたいところは一通り動かせる感じですが、持ち手や表情といった交換パーツもついてないので、これが1体7,000円(ボーナスも含めると6,300円位にはなるが…)と思うと高いかなぁ、とは思いますかね。

カスタムリリィと並べてみるとこんな感じ

ボディは何気に3種類あったりします。

基本的には中くらいの大きさの素体が使われてますよ。

一番小さいやつでもちょっと大きい感じですかね。
一番でかいやつは1/12というよりかは1/6に近いんじゃないか、位の大きさがありますね。

こんな感じなんで1/12のフィギュアと合わせるとちょっとスケール合わないかな~という感じがあります。
置く場所変えたりアングル変えたりすることである程度カバーできますが、一番でかい素体のやつは使いどころが結構微妙ですねぇ。

実際に使ってみるとこんな感じ

町中にいきなり現れた怪物に立ち向かうしーちゃんとモブの皆さん、的な感じで。

こういう普通の服っぽいデザインの布服装備したアクションフィギュアって割と貴重なので、結構役に立つと思いますねぇ。

というわけでGarden (Palm)er season2のレビューでした。

1/12スケールで普通っぽい布服を着たアクションフィギュアってかなり珍しい(軍人っぽいのは最近割と出てますが…)ので俺みたいなドール系の人には役に立つんじゃないかな~と思いますね。

ただ出たのが5年位前な上国内発売されてなく且つ単価も高いと中々手が出しづらい商品でもあるなぁ、と思います。

オークションとかでたまに出ることがあるので、気になる方は探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク