アサルトリリィ『アサルトリリィ外伝』 鳴海・クララ・優子 レビュー

2018年5月5日

アサルトリリィ久々の新作ですね。何気に半年ぶりですし。
ちゃんとくままもついてきたのが高評価。

ついでにカスタムリリィでライバル作ってみましたよ。

という訳で今回はアサルトリリィより、
1/12 アサルトリリィシリーズ 038 『アサルトリリィ外伝』 鳴海・クララ・優子 完成品ドール
をレビューしますよ。

舞台でもあるルドビコ女学院より、3人目のリリィが登場です。
幸恵様もその内書く予定。

因みにアゾン直営店では髪の色がブラウンのアナザーカラーも発売されてます。
というかうちはそっちメインだが。

クララといえばマスコットも気になるところですが、ちゃんと再現されてましたよ。
その代わりちょっと付属品が変わってたりもしますけども。

スポンサーリンク

・箱


正面はこんな感じ。




クルクルクルッと。

フォーマットはいつも通りのアサルトリリィという感じです。
ノーマルとアゾンダイレクト版の違いは髪の色だけですよ。

開封の儀


パカッと。

中身はこんな感じ。


冊子類はこんな感じ。

・設定冊子
・カード
・説明書

が入ってますよ。


ブリスターは3段。

ふた、本体、武器って感じになってますよ。


付属品はこんな感じ。


クララのみにつく付属品はこんな感じ。

表情が3つ、くままリュックにミニくままが独自の付属品になります。

衣装、武器類は来夢と同じですが、付属する手首の数がクララは5種類と少なくなってます。

ようは新規造型の手首がついてないって事ですね。
くままが付いた分のコスト調整…?

そいでは早速本体出してみましょう。

鳴海・クララ・優子(ダイレクトストアver)


クララの正面はこんな感じ。

個人的に舞台の印象が強いのと、顔の眉毛の色がブラウン系だったので、こっちメインでご紹介しますよ。
他にも理由はありますが…

ノーマルとの違いは髪の色だけって感じですね。



クルクルッと。

衣装は基本的には来夢、葵(ルドビコ版)と同じですが、一部違う所がありまして。



ニーソにはガーターが。

この部分が来夢の衣装とは違いますねぇ。
ここら辺は舞台の衣装再現って意味合いもあるかと思いますが、地味に珍しいぞ。


頭には割と豪華なツインテール。


上から見るとこんな感じ。

グリングリン具合はカスタムリリィType-Hとためはる勢いですね。


こんな感じで可動しますよ。

ツインテールは小さいボールジョイント(手首のやつと同じ)で接続されてまして、動くようになってます。

リボンも可愛く造型されてますが、何気にここにも細かいこだわりがあったり。

表情は4種類


標準でついてるノーマル顔。


目線が左に流れてる二ヒヒ?顔。


目線が右に流れてるキッて感じの顔。

上のと似てますが、びみょーに違います。
左右に目線流せるのはいいですね。


いやんって感じのダメージ顔。

何気にバリエーションに飛んでいて且つ使いやすい表情が揃ってると思います。


顔の分割は毎度おなじみ4分割方式。

コアの形状はT型っぽい感じです。
確か同じようなコアの人他にいた気がするなぁ。

そしてクララといったらこの相棒!

くままリュック


劇中でも地味に大活躍?したくままリュックが付属します。



クルクルッと。

まさかこいつがついてくるとはw

因みに素材は布ではなく、髪とかと同じ素材(多分PVC?)になってます。
紐とかもプラスチック製ですが、これはちょっと意外でした。
布で作るよりこっちで作った方が安いのかしら。


背負わせてみるとこんな感じ。


後ろはこんな感じ。

紐がプラスチック製なのでこれは気をつかうか?と思いましたが、案外頑丈でしたよ。
ただ変な方向に曲げすぎると折れる気がする。

実はついてるリボンの形が一緒。

何気にクララとくままのリボンはほぼ同じ形になってます。

多分くまま本体貰った後につけたんだと思うんですが、こういう所でにやりとできるのはいいですね。


こんな感じで前に持ったりも可能。

紐を武器持ち手で持てるので、一応持たせることは可能です。


くままアタック!

そんなわけで振り回すこと可能。

このくまま、設定上めちゃくちゃ重いですからねぇ。
なんでも30kg以上あるそうで。

因みにこれがどれくらい重いかっつーと、ブローニングM2重機関銃、住居の建築に使われるH形鋼の100cm×100cm×200cm、3m超のツヴァイハンダー(歩兵が騎兵を蹴散らす西洋剣)3本分と同等位です。
そもそもフルアーマーだって10数kgだが…

なんだってそんなもん背負ってるのか、とかここら辺の詳しい事はルドビコ女学院のシュベスターシリーズの舞台DVDを見てみよう!

鳴海・クララ・優子(武装装束ver)


武装装束もといテンプルレギオン装備はこんな感じ。

着せ付け方とかは来夢参照ですよ。
テンプルレギオンのジャケット羽織ってもくまま背負えるのは流石。



クルクルッと。

くままの存在感がすごいですが、基本的な部分は来夢と同じですね。


ミニくまま。

くままはグングニルカービンに取り付けることができます。


こんな事も出来る。

グングニルカービンは刃の下の部分の装甲がスライドするんですが、それで挟むことである程度保持できます。


シューティングモードでもつけられるぞ。

こっちで使う場合は、持ち手の指で挟むようにすると保持できますよ。

ただこれ小さいですし、そこまで強力に保持できるって訳でもないので、両面テープとかで張り付けたほうがいいかもしれないです。

ちょうどカートリッジっぽい部分にしがみつけるような形状になってるので、テープでも割としっかりつきますよ。

商品の紹介としてはこんな感じなんですが、いじっててちょっと面白い遊びができる事に気がつきまして。

クララをイメチェン


取り出だしたりますはカスタムリリィType-Dのライトブラウン。

実はこのクララのダイレクトストア限定版なんですが、カスタムリリィのライトブラウンと髪の色ほぼ同じです。

そしてType-Dは小さいボールジョイントで髪を接続してるので、この2つ互換性あるんですね。



こんな感じでType-Dの髪をクララにつけたり…


クララの髪をType-Dにつけたりできます。

こんな感じで遊んでみても面白いかなぁ、と。

因みにノーマル版とカスタムリリィのイエローは色の明度(彩度?)が違うので、合わせると違和感出そうな気がしますよ。

こんな使い方も出来なくもないので、個人的にはアゾンダイレクトストア限定版の方がお勧めですかねぇ。

アサルトリリィだし、という訳で最後にブンドドなどを。

シュベスターの秘密にクララとモニカの決闘シーンがあるので一部再現を試みてみる。

ブンドド!



この2人の勝負の結末はシュベスターの秘密のDVDにて。
因みにシュベスターの誓いの方だとこのシーン端折られてたりするのよねぇ。



クララのライバル、宝城・モニカ・朝妃。

どちらかっつーと舞台のイメージを重視してカスタムリリィで組んでみました。

ボディはクララ(関節強化S素体LLバスト)、前髪はF、表情はH、後ろ髪はAになってます。
リボンは自作してますよ。

ルドビコ女学院のリリィは全員ドール化する事は多分ないと思いますが(だってかなり人数いるし)、こんな感じでカスタムリリィで再現してみても面白いと思いますよ。


クララ&モニカの写真で〆。

というわけでアサルトリリィ外伝より、鳴海・クララ・優子のレビューでした。

内容としては来夢+αという感じですが、手首の種類が減っているところは注意ですね。

個人的にはくままの再限度が割と高くてビビりましたw

来夢ともまた違う部分も多いので、気になった人はどうぞ。
アゾンダイレクトストア限定の方が遊べる幅が広くなるのでお勧めですよ。


Amazonへのリンクはこちらです。
Amaだとノーマル版しかないのよねぇ。

今日の花騎士


ついに65万超えたよ!

余談も余談、多分誰も待ってないフラワーナイトガールの近況ですが、ちょっと前によーやく65万超えました。



近頃は最新の特殊極限をこんな感じのパーティーで回ってます。

ソラパ+1Tキルパって感じのパーティーですね。

ただこれ、アビリティで弱点UPつけると移動力が足りなくなって、第2パーティーが会敵しちゃうんですよねぇ…
といって弱点UPつけないと殺しきれない事ありますし…

クリタエちゃんかマンリョウにアンプルゥ突っ込むかなぁ…

スポンサーリンク