カントリーウッドガーデン パノラマドールハウス1/10 廃墟 レビュー

個人的にはかなりお気に入り。
これはいいものだ。

見た目もいいし、でかいし、付属品がまたいい感じなのですよ。

というわけで今回はカントリーウッドガーデンさんより、
新作シリーズ パノラマドールハウス1/10 廃墟
をレビューしますよ。

到着まで割と時間かかりました(頼んだのが11月中旬、全部揃ったのが12月末)が、待った甲斐があったなと思える商品でした。

でかいだけじゃなく、奥行きとかもあって1/12でブンドドやるにはちょうどいいですよ。

 

中身


中身その1、左右の壁。

今回は箱らしいものが特にない(梱包材でまとめる、という感じだった)のでいきなり中身のご紹介からですよ。

うらぶれたビルがプリントされた壁になります。
割とでかいです。


中身その2、後ろと地面。

朽ちた階段が後ろに、石畳っポイのが地面になります。

手前が広く、奥が狭いという変わった形になってるので、地面が台形になってますね。

これにより奥行きがより出る…んだと思いますが、これだけでかいサイズの背景ってほかに持ってないからなぁ。


中身その3、アイアンフェンス。


組み立てるとこんな感じ。

黒い板の上に柵をさす、という感じになります。
結構長いので安定性も高いです。

ジオラマに固定されてないので、ほかの背景でも使える、というところはいいですね。
ただ最も長い辺に合わせて作られてるので、奥には置けなかったりもする。


中身その4、電柱。


大きさ的にはこんな感じ。
毎度おなじみ1/12サイズのカスタムリリィタイプB。

これがまた何気にいい装備なんですよねぇ。

余談ですが、最初到着した時はこれが入っておらず、メールにて問い合わせしたら迅速に送ってもらえました。
ついでに小さい椅子も貰えました。

予定よりも納期が遅れたり、これが入ってなかったりで割と開封前のご機嫌は悪かったんですが…

実際に使ってみたらそこら辺の不満が吹っ飛んだという。


電球とかさは取り外し可能。

これらの部品はこのように電柱から外せます。
言い忘れましたが、この電灯実際に点灯させることができますよ。


電球の蓋を外すと中からボタン電池が。

点灯させるときは蓋を回して、電極接触させてつける、という感じになります。


使うボタン電池はLR41×3。


Amazonでも買えますよ。

バラなら家電量販店でも割と買えると思います。
threezeroの電池よりかは見つけやすい…はず。

電池が交換できるのはいいですねぇ。

ちなみにちょっとした注意点として…


その1、最初は蓋に絶縁体の紙が入っているので、外して使いましょう。

最初つかねーなー、と思ってたんですがそりゃつかねーわな、と。


その2、ボタン電池をまとめている薄いテープはなくさないようにしましょう。

これが周りの金属との絶縁体の役割を(多分)果たしており、巻かずに電池入れると蓋閉めなくても点灯するようになっちゃいます。

セロハンテープとかでも代用できるんすかね、これ。

特に説明書とかついてないので、個人的に気になった部分を記してみました。
因みにプラスを上にして3枚重ねますよ。

そしてこれらをすべてセットすると!

1/10 廃墟完成!


全部セットするとこんな感じになります。

中々いい感じです。

アイアンフェンスはブンドドやるときは取っ払っちゃうことが多いですね。
ジオラマに設置する、というタイプではないのでそういうことがやりやすいのはいいかなぁ、と。



電柱のスイッチ入れるとこんな感じ。

割といい雰囲気出てるんじゃないでしょうか。
いい仕事しますわ、電灯。


広さ的にはこんな感じ。

このよーに1/12フィギュアなら割と自由に配置できます。
これだとわかりづらいかな~と思うので。

適当にブンドド


武装神姫 アーンヴァルMk.2 フルアームズパッケージブロッカーズのV-RAIDを並べてみた。


アンヴァル&ムタヴォア・カイジュウを並べてみた。

こいつら割と横幅とボリュームあるんですが、余裕で背景の中に並べられます。
流石に全部並べるのは無理ですが。



1/12サイズのAction Portable Popbotを並べてみた。

カスタムリリィタイプDと並べてる写真を見てもらえればわかると思うんですが、こいつら割と縦に長いです。

多少縮尺おかしいかな~とは思いますが見切れず撮影できます。
高さも十分にあるので、ちょっとくらい大きいフィギュアでも全然使えるのがいいですねぇ。

POPBOTは多分その内紹介すると思いますが、これはこれでなかなか好きです。
しかしどんどんマニアックになっていくな、このブログ…



カスタムリリィvsジャークノイド。

奥行きがあるので、大剣ぶん回すことも余裕でできますし、高さがあるので空中戦とかもできちゃいます。

大剣の方はさすがに多少制限ありますが…そもそもこれ25センチ余裕で超える長さありますしねぇ。
なもんで大抵の武器振り回すには困らないと思いますよ。

因みにこちらのジオラマですが、サイズは公称W345×D300×H300mmとなってます。
そりゃ飛ばしたりもできるわな。


物悲しい感じで〆。

戦場以外の情景シーン撮るのにも普通に使えます。

イメージ的には守りはしたけど大破した、的な。
電灯が本当にいい仕事するのよねぇ。

1/12で廃墟をメインにしたこれだけでかいドールハウス(つーかジオラマ)ってなかなかないと思うので、1個あると割と便利だと思うんですよねぇ、これ。

というわけでカントリーウッドガーデンさんのパノラマドールハウス1/10 廃墟のレビューでした。

お値段は結構しますが、品質は良いですし、サイズもでかいので1/12のブンドド好きな人には割とおすすめです。

市街戦やりたい、っていう人案外いる気がするんですよねぇ。

基本受注生産なので、ショップに在庫があるうちに買っといたほうがいいと思います。

他のパノラマドールハウスもその内買いたいな~と思っちゃいますがその前にいくつか頼んだのがあるのでね…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新作シリーズ パノラマドールハウス1/10 廃墟
価格:9072円(税込、送料別) (2017/1/19時点)

 

楽天へのリンクはこちらです。

多分楽天以外だと買えないと思います。
Amazonで買えるのもあるみたいですが。


電柱に使うボタン電池。

来た時点で使えるようになってるので、前もって購入する必要はないと思いますが予備があると便利かな、と。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアドールハウス 牢屋Mサイズ
価格:11880円(税込、送料別) (2017/1/19時点)

 

個人的に気になるやーつ。
これもニーズはありそうだけど案外ない背景だよねぇ。

まぁもう買ったんですけどね。
受注可能になるのを待っていたのよ。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。