nanoblock マガモ レビュー

2019年2月28日

仲好さげな親鴨と小鴨がセットで入っているのが素敵。
2羽ともプレート1枚に乗るのがいいですね。

というわけで今回はnanoblockより、
nanoblock マガモ
をレビューしますよ。

1つのセットで2羽出来るというなかなかにお得感のあるセットですね。
(分量的にはそんな多くはないんですが)

スポンサーリンク

nanoblock マガモ1

表。
仲睦まじい感じの鴨の親子です。

nanoblock マガモ3


説明文アップ。

公園とかではよく見れる、のかな?
(ちなみにてつじんは超インドア派です)

休日に外に出るのはまずないですな・・・

最近はよく外出してましたが、公園とか最後に行ったのいつだろ。
難易度は2、110ピースオーバーと分量的にはベニコンゴウインコと同じくらいですね。

nanoblock マガモ2

裏。
より小さく!よりリアルに!!
以下略!

中身

nanoblock マガモ4

中身はこんな感じです。
意外にカラフル。

今気づいたんですがこれ、
ベニコンゴウインコよりも入ってる色数多いですね。

確認できるだけで9色?
一見地味目なように見えて結構派手だったんだな、マガモ・・・

因みに説明書は全編3Dなため、初心者にも作りやすい親切設計ですよ。

たったかた~っと作成。
多分10分位ですかね?

nanoblock マガモ6

・完成!

親がも&子がも。

nanoblock マガモ5
nanoblock マガモ7
nanoblock マガモ9

ちょっと狭いですが、1つのプレートに両方乗っけられるのがいいですね。
何故かちゃん!って感じがするのは俺だけだろうか・・・




親子でクルクルっと。

何気に結構リアルですねぇ。
親がもの首当たりとか特に好きですね。

nanoblock マガモ8


親鴨単品。

ちょこっとみえるブルーの色合いが素敵。
足元はプレートに接続することを考えなければ、斜めにした方がそれっぽくなるかも。

ひし形っぽいほうが足ひれっぽくなるかな、と。

nanoblock マガモ10


小鴨アップで。

何気に非常にかわいらしい。
ピース数を考えると、よくできてるな~と思いました。

成長すると隣のみたいになるのか。
凄いな、鳥。

nanoblock マガモ12

・あまりパーツ

余りはこんな感じです。
結構いろいろあまりますね。

ダークグリーンは1×3とか、真ん中ポッチとか結構使いやすいのが余ってくれるのが嬉しいですねw

nanoblock マガモ11


「ジー・・・」
「ジー・・・ニヤリ」

怪しげなインコと一緒の写真で〆!
同じ鳥でもえらい違ってたんで並べてみました。

というわけでマガモのレビューでした。
あれですね、親子の出来るセットって今まで作ったことなかったんで結構新鮮な感じがしました。

その内子猫とか子犬とかと親が一緒のセットとか出てくれると嬉しいなぁ。

110ピースで2つ出来るし、1個1個のクオリティはそうでもなかったりするのかな、と思ってましたがそんなことはなく2つとも良くできてます。
展示スペースも撮りませんし、このセットは結構お勧めです。


Amazonへのリンクはこちらからどうぞ。
ジャイアントパンダといっしょに買われてるってのが意外と言えば意外。


他の親子セット。
ミーアキャットは雄雌ですかね?

スポンサーリンク