Lil’Fairy(リルフェアリー)~ちいさなお手伝いさん~ アレン レビュー

2018年8月19日

男性強化素体がこっちで先に実装されるとは…
この海のリ〇クの目をもってしても読めなかったわ。

今までのピコDの作りからしても多分ボディ部分はピコS男性素体も同じだと思うし、という訳で買ってみましたよ。

こいつは期待が高まるってもんだぜ。

という訳で今回はLil’Fairy(リルフェアリー)より、
Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ アレン 1/12 完成品ドール

をレビューしますよ。

アゾンさんでは多分初の1/12男性用素体(関節強化済み)を採用したドールになってます。

本体は勿論ですが素体が気になるので、他のとの比較とかやりつつそっちの紹介もやってみようかなぁ、と。


箱正面はこんな感じ。




クルクルクルッと。

ここら辺のフォーマットは毎度おなじみですね。
しかしリルフェアリーって原画イラストみたいなのってないのかしら。
SDキャラとかはあったが。

開封の儀


パカッと出すとこんな感じ。


冊子類はこんな感じ。

・登録証
・アレンの冊子
・アゾンドールお手入れブック
・商品アンケート

とここら辺もいつも通りです。
因みに冊子には付属品一覧とSSで構成されてます。

これリリィにも逆輸入されねぇかなぁ。
ブラックレイヴンにもSSありますしねぇ…
その代わりリリィにあるような設定はほとんど書いてないが。


ブリスターは1段?

蓋みたいな感じになってましたよ。


付属品一覧はこんな感じ。

・交換用手首(本体付属も入れて5種)
・ブーツ
・望遠鏡
・望遠鏡ホルダー
・シルクハット

帽子+付属品っていうのが最近のトレンドなんですかね、リルフェアリー。



交換用手首はこんな感じ。

因みにこの手首を使えば望遠鏡も持てますよ。

それでは本体出してみましょう。

ちいさなお手伝いさん アレン本体


アレン正面はこんな感じ。



クルクルッと。

相変わらずリルフェアリーは服がいいですねぇ。

前のメイドさんシリーズももちろん好きですが、この系統のも個人的には結構好きですわ。


上半身アップ。

腕のアームバンドは外せますよ。


下半身アップ。


後ろアップ。

サスペンダーとかもついてます。


ただこのサスペンダー、気がつくと外れていることが多い…

私は服には詳しくありませんが、何とはなしにヴィクトリアンな感じがしますかね。
多分ヴィクトリアンを勘違いしている。


アウトフィット脱がすとこんな感じですよ。

基本的に後ろのマジックテープで止める感じになりますかね。
ベストは別パーツなんですがきっちりまとまってるのは流石。

因みにパンツはカボチャじゃありませんよ。
何気にリルフェアリーで初である、多分。


お顔アップはこんな感じ。

割とかわいい。
いやまだそっち側にはいかないが。

髪色はダークブラウン、瞳はブラウンになってます。
男の子という事で、暗い系なんですかね。

アイプリントの雰囲気的にはちいさなちいさなお手伝いさんシリーズ以外の感じに近い気がします。


パカッと帽子かぶせてみた。


帽子かぶせた正面はこんな感じ。

どうも帽子かぶせるとライティングが上手くいかないんすよね…

撮影時は基本的にデフォルトにしてるんですが、アレンはちょっと前髪にハサミ入れて目元を出した方が可愛くなるんでないかな~、という気がしましたかね。


望遠鏡を装備させるとこんな感じ。


こんな感じに分割可能。

外すことができる位なので、望遠鏡は伸縮可能な作りになってます。
これも小物として結構良く出来てるんだよねぇ。

本体としての紹介はこんな感じなんですが、アゾン製1/12ドールを買い漁っている身としてはどういう風に違うのかが気になる!

という訳で異なる素体装備のドールたちと比較してみますよ。

他の素体と比較



その1、ちいさなちいさなお手伝いさんクラム(ピコD妹ボディ・関節強化版)と比較。

アレン(ピコD男の子ボディ・関節強化版)の方がちょっとだけでかい感じですね。
兄と妹、みたいな。



その2、フォトノベル発売記念モデルヴェル(ピコDボディ)と比較。

このヴェルは関節強化素体じゃないですよ。

今気づきましたが、これヒールがある分、ヴェルの身長高くなってますね(汗)
多分靴脱いだら同じくらいの大きさなんじゃないかなぁ。


その3、最新リリィ河鍋薺(ピコS関節強化素体)と比較。

割と大きさ違います。
妹ボディとピコM素体が同じくらいですから、そりゃこうなるか。

服着せた場合の比較はこんな感じなんですが、やはり素体が見たい!

という訳でここからは服と顔取り外した男性素体とピコD妹素体を比較してみようと思います。

苦手な人はブラウザバックとかタブ閉じ推奨ですよ。

ピコD男の子ボディ・関節強化版を見てみよう


ピコD男の子ボディの正面はこんな感じ。



クルクルッと。


斜めから。

やはり目が行くのは胸部分ですよね(やましい意味ではなく)!という事で…


胸部分アップ。

分かりやすいように陰影つけて撮ってみました。
このようにどまっ平らになっております。


ピコD妹ボディと並べるとより違いが分かる。

ピコDにしろピコSにしろ胸があるのが普通(大きさは色々あるが)だったので新鮮な感じですねぇ。

また肩の位置が違っているようにも思えます。
妹ボディの方がなだらかになってる…ような。


お尻の形も違ってたり。

男性という事もあってか、丸みが少し抑えられてる感じがしますね。



全体像を比較するとこんな感じ。

腕と足、お腹の長さが違ってます。

お腹の長さが違うってのは珍しい…気がしますよ。
確かピコSとピコMはボディ一緒なので。

恐らくピュアニーモの男性ボディを参考にしてるんだと思いますが、色々と違ってますねぇ。

多分ボディ部分は夏に出るらしいピコS男性素体に使われると思うので、今から楽しみですね。


軽く可動比較で体育すわりなど。

手前が男の子ボディです。
可動範囲は微妙に妹ボディの方が広いですね。

ただ他の素体と同じように腹パージすれば可動域は広がると思います。



手足動かすとこんな感じ。

これまた妹ボディの方が可動範囲は広かったですね。
何気に妹ボディってピコニーモ全てのシリーズの中でも可動範囲広いからな…

因みに足部分は腿部分を180度回転させれば形は崩れますが、さらに上にあげることも可能です。

保持力は二つともそこまで変わらない感じでした。

可動範囲もポーズに困るとかそういうものではないので、ポージングは色々出来ると思いますよ。

もっとも手近にあったのが妹ボディだったので比較してみましたが、腕の長さとか結構違いますね。

まだ男性素体用の衣服ってないですが、妹ボディの服とか着せられるのかねぇ…


という訳でクラムの服を着せてみました。

ピコD衣装は袖とかに余裕があるおかげもあって、案外着れます。
いいか悪いかは置いといて。

ただ帽子と靴はなんかきつかったですね。
ここら辺は微妙に大きさ違うのかも。


ボーイミーツガール的な感じの写真で〆。

流石に女装の写真で〆るのは忍びなかったので…

というわけでLil’Fairy(リルフェアリー)より、~ちいさなお手伝いさん~ アレンのレビューでした。

現状唯一のアゾン製1/12男性素体、というのがやはり最大の売りですかね。
といっても相方とかもそのうち出るでしょうし、ピコSの男性素体もこれまた今年中には多分出るでしょうが…

アウトフィットの出来は相変わらず良いですし、顔も可愛いと思うので刺さったらお迎えしてみてもいいと思いますよ。

ピコDは関節強化版なら結構遊びやすいですしねぇ。


Amazonへのリンクはこちらです。
臥せっている間にAmaでは全部はけたのか…


次回予告。

た、多分…