ブロッカーズ K.O.V レブ・ラプトル & ナイト・オブ・プラネテス ガイアナイト レビュー

ちょうど同じくらいの時期に作ったので。
ラプトルは結構大変でしたよ。
マジで1日かかった。

というわけで今回はブロッカーズより、

ブロッカーズ『K.O.V.09』レブ・ラプトル 〈レプリカ版〉
ナイト・オブ・プラネテス No.04 ガイアナイト(地球)
をレビューしますよ。

ブロッカーズの大物はメガ・ジュラース以来ですね。
なので今回は制作過程も一部載せてみましたよ。

ガイアナイトは多分半年くらい前に買ったやつだと思いますが…
この後忙しくなっちゃって作ってなかったんですよねぇ。

こっちは軽めにやりますよ。

レブ・ラプトルの箱

img_1890
まずはラプトルから、ということで箱正面。

ぶっちゃけ段ボールです。

img_1891
このイラストが目印。

フォーマットはメガ・ジュラースと一緒ですかね。
大きさ的にはあれよりかは持ち運びやすいと思います。

レブ・ラプトルの中身

img_1898
パカッと開けるとこんな感じ。

は?と思う人もいるかもしれませんが…そう、その通りです!

img_1899
こちらのセットに入ってるのはジョイントフレームのクリアーレッドが1つと!

img_1902r
黒のジョイントフレームが7つ!!

以上!!!

このセット、ジョイントフレームしか入ってません。

もともとジョイントフレームオンリーで凄いの作ろう、というコンテストだったのでそりゃこうなるわ、と思いますが…

開けた瞬間変な笑いが出ましたね。

こういう突き抜けたのは大好きです。
事実上2種類の部品しか入ってないブロックトイなんて多分これくらい。

img_1900
ちなみに説明書もちゃんと入ってます。

img_1901r
クリアーレッドを使うところには赤い丸印が。

色指定があるので、メガジュラースのように同じ部品だけど色違いがあるからどっちつけるんだかわからない、という問題が起こらないようになってます。
ただまぁ俺が間違ってなければこの色指定間違ってると思うんだけども。

それでは早速作ってみますよっと。

制作過程

dsc_0021r
まずは頭から。

dsc_0022r
首が伸びて…

dsc_0024r
胴体完成。

何気にここが最初の鬼門でした。

ジョイントフレームって裏にするか表にするかで位置が変わってくるので一つでも間違えてると上手いこといかないんですよね。

また説明書が「ばらばらになった部品から矢印が伸びてるだけ」と非常に見づらいため、めっちゃめちゃ時間かかりました。

そもそもこの大きさものものをA4サイズ5枚に収めるのは無理があると思うの。

dsc_0025r
腕伸びて…

dsc_0026r
足完成。

dsc_0028
下半身を作ってつなげて完成!!

ちなみに作業時間の1/3位は下半身部分作るのに使ってると思います。
これがまたすっさまじく見づらいのよ、説明書。

レブ・ラプトル完成

img_2082
ドドンと完成、レブ・ラプトル。

完成の写真から微妙に変わってますが、これのオリジナルを作った方から聞いたところによると説明書が13箇所ほど間違っているらしく「これ明らかにおかしくね…?」と思った部分をある程度修正してます。

一度できちゃえばある程度はいじれますが、さすがにあの部品だけの状態から修復かけるのは骨が折れるのよねぇ…

img_2083
img_2086
クルクルッと。

密度がすさまじいですねぇ。
ジョイントフレームが隙間なくつながってる感じです。
それ故に1箇所ミスるとどうしようもなくなる。

ちなみにこのラプトル、箱に上級者向けのシールが貼ってありますが、本当に難しい(こんな苦行に等しいレゴ作ることもある私ですが、久々に途中で投げたくなった)ので、作るときは覚悟推奨。

部品取りとしても優秀なんすけどね、これ。

以下適当にアップで。

img_2079r
img_2089r
口はこんな風に可動。

img_2097
img_2096
股関節には引き出し関節が。

img_2078
凄まじい情報量の胴体。

img_2084
指もちゃんと動かせますよ。

img_2080
img_2087
img_2091
パカッと開いてフレキシブルに動くミサイルポッド。

img_2081
img_2090
尻尾を前に持ってきてバキューン、とかも可能。

このレブ・ラプトル、割と可動箇所が多く、範囲も広いのでいろんなポーズが取れます。
ただ足首の保持力が弱くてまともに立てないんですよねぇ、俺の。

ジョイント交換すれば何とかなりそうな気もしますが。

img_2092
img_2093r
1/12と大きさ比較。

1/12よりも結構大きく、割かしボリュームもあります。
最近でかいフィギュア色々手に入れたせいでこれ位では驚かなくなってますが…

img_2095r
背中のキャノンを外すと乗っけることも可能。

1/12を乗せるにはちょうどいいサイズかな、と思いました。
足首の保持力がちょっと気になりますが、これ位なら何とかできますし。

あまりパーツ

dsc_0069
相変わらず凄い量が余ります。

自分が間違ってるんじゃねぇか、という気になりますね。
というかですね…

dsc_0070
ジョイントフレームブラック、1袋開けてすらいないんですが…

マジで間違ってるんじゃないだろうか、俺。

何気に10,800円でジョイントフレームがかれこれ8つ手に入るので、普通に買うより割とお得。

ジョイントフレームの黒がほしい、という人はバラで買うよりこっち選んだほうがいいかもしれませんね。

つづいてガイアナイトをサラッとご紹介。

ガイアナイトの箱

img_1893
正面はこんな感じ。

img_1894
くるっと。

部品をまとめて説明書入れて袋でパッケージ、という割とブロッカーズではよくある仕様になってます。
他の玩具だと見たことないが。

ガイアナイトの中身

img_1895
img_1897r
中身はこんな感じ。

ジョイントフレームクリアブルー×1
アーティファクト「アックス」×2
専用説明書×1

とこんな感じになってます。

それぞれの商品単体の説明書もついてくる…というかまんまセットパックって感じなので、バラでも作れますよ。

ガイアナイト本体

img_1937
ガイアナイト正面。

img_1938
img_1939
クルクルっと。

アックスの部品がいい味出してます。
見た目的には精霊騎士って感じでしょうか。

img_1941r
パーンチ、とか。

可動はそれなりにいいんですが、他のに比べると隙間が目立ち、武器も持てるようになってないとちょっと残念な感じも。

見た目は好きなんだけどなぁ。

dsc_0034r
img_2077
何故か未開封で置いてあったブルーナイトアーキとのニコイチで〆。

現在はこれをいじっていて思いついたものを作成中。
すでにこいつばらしちゃってるのですごい軽い紹介になってしまったという(汗)

というわけでレブ・ラプトルとガイアナイトのレビューでした。

レブ・ラプトルはK.O.Vの名に恥じないボリュームとクオリティを持つ良いセットだな、と思いますよ。

今月末にはブロッカーズ甲子園の応募締め切りとかありますし、気になる方はぜひ。
俺はいまだに特にアイディアがないので、多分でないかなぁ。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。