簡単・ローコストに1/12屋外風ジオラマを作ってみた

1/12で野外でブンドドやりたいなぁ、でもそんなにお金もないし器用でもないし…そんな貴方にきっとお勧め。
根気があればなんとかなる!

1/12格納庫とかは作ったけど、野外っぽい風景で機動兵器のブンドドとかやりたいなぁ」と前々から思ってたんですが、

【ジオラマ】簡単な石畳(いしだたみ)の地面の作り方
(引用元:ミニもの様)

このよーな記事を見つけまして。

これに背景つければ俺の望んでるような感じのものできるんじゃね…?

と思ったので発泡スチロール使って作ってみました。

これといって特殊な道具もスキルもお金も使わないでやってみましたが、意外にいい感じになりましたよ。

撮影用に背景欲しいなぁ、という人は挑戦してみてもいいんじゃないでしょうか。

ちなみに機動兵器のブンドドもやりたい、という事でえらいでかさになってますが1/12の人間だけならA3位で作るのがちょうどいいと思います。

DSC_0263
というわけで1/12サイズブンドド用屋外背景。

DSC_0229
スコープドッグ(メルキアツインアイ使用)とカスタムリリィのB子を並べるとこんな感じ。

どうせやるなら1/12が乗れるロボのブンドドにも使いたい、という事でかなりでかいサイズになってます。

高さと奥行きが45センチ、横が90センチ位でしょうか。

DSC_0230
地面はこんな感じ。

雑ですがいい感じに石畳っぽくなってるんじゃないでしょうか。
普通の板置くだけだと味気ないなぁ、と思ってましたがこれなら違和感あんまりなし!

かかったコストはもろもろあわせて1,000円くらいでしたかね。
このサイズのジオラマがこんなに安く作れるとは、俺もびっくりした。

DSC_0234-(2)r
DSC_0253 (2)
DSC_0256-(2)r
ブンドドするとこんな感じ。

胴体がやたらとでかくなってるロボは中にリリィが乗ってます。
敵さんはお久しぶりのブンドド・モンスターですよ。

巨大兵器の戦闘に巻き込まれるリリィ達、みたいなのをやりたかったんですが、見事に願いがかないましたw

そいでは以下製作風景ですよ。

DSC_0222
1.900mm×900mm×30mmの発泡スチロールを半分に切ります。

なんだってこんな変なサイズなのかというと、近所のホームセンターにあったのがこれだけだったんですよね…

後々の事考えると、A2位までのサイズの方がいいと思います。
今回は半分が背景、半分が地面になりますよ。

DSC_0224
2.発泡スチロールのみぞをボールペンでなぞります。

サイズがあまりにもでかかったんで、かなり適当になぞってますが。

書きやすかったんで0.7mmのジェットストリーム使ってなぞりました。

同じサイズのVICUNA最初使ってたんですが、ジェットストリームの方がインクののりが良かったです。

DSC_0227
3.全部なぞるとこんな感じ。

ちなみにこれなぞり終えるのに5,6時間かかりました。
サイズがでかすぎたんや…

他の工程は全部あわせて1,2時間だったんですが、これが大変でしたねぇ。
A3とかだったら半分位の時間でいけるんじゃないかと思います。

斜めに光を当てて、ちょっと盛り上がってる感があるところを一気に線でなぞってやってたらこーなりました。

元の記事のように1つ1つやった方が丁寧に仕上がると思いますよ。

DSC_0264r
なぞらないとこんな感じになります。

塗装の試しもかねて裏側を1回だけ塗ってみました。
結構違うんで、どうせやるならなぞった方がそれっぽくなると思います。

4.塗装

画像撮り忘れました(汗)

ホームセンターにあったアスペン クリエイティブカラー 100ml 86 ライトグレーアスペン クリエイティブカラー 100ml 86 ライトグレー使って一気に塗りましたよ。

発泡スチロールって下手な塗料使うと溶ける恐れがありますが、それにも使えるスプレーなんてのがあるんですね。

筆で塗る事も考えたんですが、サイズがサイズですからねぇ…
100mlほぼ全部使い切りましたが、何とかぬれてよかった良かった。
ギリギリだったよ…

DSC_0228
5.背景用のスチロールに竹串を差す。

ちょうど家に15センチの竹串があったので、それで差して背景固定する、という方式にしました。

30mmも厚さがあるので、気分的に楽でしたねw

だいたい6本位差した後、裏面ガムテで固定したらまっすぐ立つようになりましたよ。

haikei
6.背景作成

フォトショップ使って青空を書いてみました。

水色でグラデーションを上から下にかけて、適当なブラシでそれっぽい雲を浮かべてみましたよ。

ちょうど家にロール紙に印刷できる機械があるのでそれ使って印刷しましたが、90センチなんてはじめて印刷したなぁ…

そんな機械ねぇよ!というのが普通だと思うので、A3で作るのが一番いい気がしますね。

作った背景を背景用スチロールに貼り付けて、はい完成!という感じです。

_20151218_140100r
「ロボットだよ、ロボット!凄いね!!」
「はいはい、さっさと逃げましょうね!!」
うちのカスピ(カスタムリリィType-B)は割かし頭が弱い。

巻き込まれた側にピント移しても見切れないって素晴らしい、という事で〆。

というわけで1/12サイズ用簡単に作れる屋外ジオラマでした。

機動兵器のブンドドやろう、とか思わないんであればA3位で充分使えると思います。
厚さは薄くなりますが、100均でも売ってますしね、このサイズの発泡スチロール。

100均で材料そろえれば背景用と地面用の発泡スチロール2枚、竹串、アクリル塗料グレーか白と黒買って筆塗りすれば一応出来るんで、1,000円いかないと思いますよ。

背景はこの規格外な大きさだと印刷は難しいですが、A3だったらコンビニで1枚100円くらいでカラー出せますし。

ちょっとした背景が欲しいな~という人に割かし真面目にお勧めです。
マイリトルリリィとかに使ってみてもいいんじゃないですかね。

しかし発泡スチロールって意外に面白いですね。

塗るだけで岩っぽくなる塗料とかもあるみたいなので、何か作ってみようかなぁ。


今回の材料のAmazonへのリンクはこちらです。

こういうものも売ってるんですね、Amazon。

スチロールは900mm×900mmがなかったんで、450mm×450mmのになってます。
これ2枚でもサイズ的には充分な気がしますかねぇ。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。