レゴ クリエイター ペットショップ(前編)

またまたお久しぶりです。
最近どうも更新が安定しないですねぇ。

来月位まではこんな感じかも・・・といって基本予想通りにはいかないんですがね!

久方ぶりに今回はクリエイタークリエイターより、
10218 ペットショップ10218 ペットショップ
をレビューしますよ。

10000番台は結構久々に作りましたが、安定の高クオリティですね~。
今までのものに比べると結構作りやすくなっているような印象がありましたので、
時間がないけど凄いレゴに触ってみたい、という人にもお勧めですよ。


・箱
ペットショップ1
表。

相変わらずの超巨大っぷり。
撮影スペースに入りません。
これとかも入るていどには大きさあるんだけどな・・・

ペットショップ2
裏はこんな感じ。

押さえるべきポイントが抑えられているいいパッケだと思いますが、何気に文字書いてないんすね、これ。
一応クリエイターシリーズのラインだからですかねぇ。

ペットショップ3
10000番台いろいろ。

10000番台の建物系は、規格(通称モジュールタウン規格)が統一されてるんでこんな感じに並べることができます。

グランドデパートメントは前レビューしましたね。
ここに載っているもの以外だと、10182 カフェコーナー10182 カフェコーナー10190 Market Street10190 Market Street10185 グリーン・グローサー10185 グリーン・グローサーが同じ規格ですね。

一応全部持ってますが、いつの間にこんなプレ値ついたんだ、こいつら・・・
出来がいいのは認めるけど、さすがにこの値段はなぁ・・・

ここら辺のはこれにしか入ってないような特殊形状パーツは(多分)使ってないので、部品があれば作れると思うんですが。

ペットショップ4
上に載ってるパーツ表。

2032ピースという結構なボリュームなので、いろいろ入ってますねぇ。

10000番台は色んな種類のブロックが入っているタイプと種類が少なく、1種類あたりのブロック量が多いの2つにわかれるように思うんですが、これは前者のタイプでしょうか。

・中身
ペットショップ5
中身をドバッと出すとこんな感じ。

ブロックがいっぱい、インストが2冊、16×32の基礎板が2枚入ってます。
最近何故か基礎板入ってるセット少なかったので、ちょっと新鮮。
これだけのボリュームがあるので、さすがに今回は時間がかかりました。

んが、今までのものに比べるとかなり早く出来上がりましたねぇ。
袋が結構工程ごとに細かく分かれてるおかげじゃないかな、と思いましたがどうでしょ。

1階部分を作るのが結構簡単だった、というのも大きいかなと思いました。

・ミニフィグ
ペットショップ50
今回付属しているミニフィグの家族(と思う、多分)。

中にもいるんでこれで全部じゃないですよ。
安定のニッコリちゃんフェイスです。

このシリーズって基本ミニフィグの顔これですよね。
今となっては珍しい種類になってしまいましたが、昔はこれが標準だったんだよなぁ。

ペットショップ51
ペットショップ52
くるくるっと。

何気に自転車は結構珍しいですかね。
使いどころがなかなか難しい小物ですが、何かに使えそうなんだよなぁ。

そのほかの小物はあとで流れでふれる、と思います多分。
製作時間は2.5時間くらいでした。
結構な量があるので、棟ごと(この表現あってるのか?)にご紹介しますよ。

ペットショップ8
最初に出来る茶色の建物。

ペットショップ22
ペットショップ23
ペットショップ24
ペットショップ21
くるくるくるくるっと。

連結させる都合もあって、左右はかなりあっさりとしたつくりになってます。

モジュールタウン規格は画期的だな、と思いますが左右に出っ張れなくなるのが欠点といえば欠点か。

ペットショップ9
分割~。

3階建てになってまして、各フロアごとに分割可能な仕様です。

ペットショップ20
更に分割!

屋根部分もいれると、4つに分割することができます。
タイルとポッチを組み合わせた結合部になってるんで、外しやすく適度に強度もあるという仕様になってます。

この作りって自分で作ると地味にめんどかったりしますが。

ペットショップ6
1階部分。
安定の高クオリティ。

階段部分の作りとか非常におしゃれでよくできてます。
レゴの建物系は階段と窓、ドアでそのクオリティがある程度分かるような気がする。

ペットショップ14
ペットショップ15
1階部分俯瞰。

窓から花が見えるのがおしゃれですね。
小物も適度に入ってます。
階段近くにあるのは電話かな?

ペットショップ16
ソファがよく見える別アングル。

一応ソファはミニフィグが座れたりしますが、多分腕が干渉するんで2人はいけるかどうか微妙、かなぁ?
1階ではこのアングルが結構好きですw

ペットショップ25
パカッと何故かあく床。
このギミックは結構謎ですね・・・

ペットショップ61
1階裏側はこんな感じ。

一応この灰色の扉がつながってることになるわけですが、どういう意味合いなんでしょうね・・・
アグレッシブ非常口?

ペットショップ11
ペットショップ12
ペットショップ13
ペットショップ17
2階の中はこんな感じ。
ペンキ屋さんが壁を塗ってます。

実は建築中(もしくは改装中)、という衝撃の事実が判明します。
しかしこの内装に白のペンキってどういうこったい・・・

ペンキは白の2×4タイル、ローラーはミニフィグ用のポッチを使って接続されてます。
結構面白い作りになってるな~と思いました。

ペットショップ18
ペットショップ19
3階はこんな感じです。

クリアブロックを使った窓が中々おしゃれですね。
しかしこんな隠れるところにこんな派手な装飾を入れる意味はあるんだろうか・・・

荷物が置いてあったりなんだりコンセプトは準備中なんですかね、これ。

ペットショップ60
3階花壇のアップ。

何気に花の造詣が凝ってまして、いろんな小物を使ってます。
こういう細かい部分が光ってるのも10000番台の特徴ですねぇ。
というわけで次回に続く!

多分そんなかからず更新できる・・・はず!


Amazonへのリンクはこちらです。
そろそろ消えるかなぁ。たま~4割引きとかになるんですが、消える前にもう1回来るとうれしい。


初期型モジュールタウンシリーズ。
クオリティは確かに高いけど、この値段はどうだ(汗)
オクとかでもいい値段するんだよなぁ。



スポンサーリンク

「レゴ クリエイター ペットショップ(前編)」への4件のフィードバック

  1. いいですねぇ。自分のペットショップは埃がかぶっています(笑)
    床が開くのは地下室らしいですよ。
    次回も楽しみです。

  2. 初コメです!最近、ミニフィグを組み立てただけでレゴにはまり色んなレゴを勉強中な為、とても勉強になります♪これからも読みに来ます!
    いつかタウンホールを組み立ててみたいです(*^^*)

  3. >もぐもぐさん
    10000番台は崩すのためらいますし、ばらして飾るにも場所取るしででっかいオブジェとかすこと多いですよねw
    > 床が開くのは地下室らしいですよ。
    そうだったんですか!
    しかしなぜ地下室なんてあるんですかねぇ。
    この建物はもとがなんだったのか、俄然気になってきましたねw

  4. >きのこさん
    コメントありがとうございますm(_ _)m
    私のレビューは主観入りまくりですが、楽しんでいただければ幸いです。
    オリジナルももうちょっとペース上がるといいんですけどねぇ・・・
    タウンホールは私も挑戦してみたいですねぇ。
    前はトイザラス限定だったのでちょっと高いかな、と思ってましたが最近は普通に買えますし、プレミアが付く前に買っておきたいなと思ってます。
    10000番台はカタログから消えると値段一気に上がりがちですし(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。