BJPM ジル

簡素ながらもかっこよくてよくできてる!
設定上のも量産機ですが、まさにそれっぽいなぁ、と。

というわけで今回はBJPMBJPMより、
BJPM ギミックスティールズ 重力戦記ヘカトンケイルズ 006 ジルBJPM ギミックスティールズ 重力戦記ヘカトンケイルズ 006 ジル
をレビューしますよ。

多分出たのは結構前だと思うんですが、俺はつい最近買った謎ヘカトンの大か中で手に入れました。
因みに小も買ってますよ?w

定価2,310円なんですね、これ。
Amaの価格は高いだろう、とは思うんですが初心者にもやさしく組みやすいヘカトンでしたよ。


・箱
BJPM ジル1
表はこんな感じ。

パッケ正面に入ってるヘカトンケイルズが載ってる感じになるんですね。

箱の大きさは完成するヘカトンよりちょっと大きいくらいです。
久しいな、このワクワク感!

BJPM ジル2
後ろはこんな感じ。

設定が書いてあります。
要約すると超重力の異星でのロボットバトルって事なんですかね。
しかし300Gってすげぇな・・・

このロボットたちって地球の重力圏あっさり飛び出しそうな位の出力もってるんだろうなぁ、多分。

BJPM ジル3
BJPM ジル4
横はこんな感じ。

既存のものと新製品の広告になってるんですね。
レゴもこれ位やってもいいのよ?

・中身
BJPM ジル5
パカッと箱を開封するとこんな感じになってます。

作り方説明書1枚と、複数枚のランナーが入ってます。
この玩具、パーツがランナーにくっついてまして、作るときにはニッパーとかデザインナイフでランナーからパーツを切り取る必要があります。
プラモデルみたいなもん・・・というかプラモデルですねw

以下入っているランナーを紹介~。

BJPM ジル6
BJPM ジル7
主に本体の骨格に使うP0、PJという名前のブラックのランナーが2枚づつ。

BJPM ジル8
BJPM ジル9
主に装甲に使うフランチェスカ、レイマーカソンという名前のライトグリーンのランナーが2枚づつ。

このランナーにはRePという名前のランナーもついてきます。

BJPM ジル10
武器になったりフレームになったりするA1という名前のダークグレーのランナーが1枚。

入ってるランナーの内容はこんな感じです。
他のヘカトンと比べるとちょっと少ないですね。

基本的に5mmのボールジョイントを軸受にパチパチはめていくという、ヒーローファクトリー系と同じような感じで作ります。

HFよりも入れるの大変ですけどね。小さいし。
ランナーの数が少ない分、結構作りやすかったです。

製作時間は1.5時間位。
カイゼルグリフォンは4時間位かかってました(汗)

説明書にはランナー名+番号って感じで使うパーツの指示があるんですが、何体か作って覚えたせいですかね。

ランナー自体には番号が振ってなくて、説明書のランナー一覧に番号が振ってあるという仕様のおかげで、最初はパーツ探すの中々苦労したんすよ・・・

・完成!
BJPM ジル12
大剣を構えた機動兵器(量産型)、完成!

BJPM ジル11
BJPM 006 ジル。

なかなかマッシブでかっこいいじゃーないですか!

BJPM ジル14
横から見るとこんな感じ。

1個1個の部品が小さく、メカニカルなディティールが入っていることもあり中々の密度感です!

保持力も結構ありますし、脆いところは二重接続になってたりするので結構頑丈ですよ。

BJPM ジル15
後ろから見るとこんな感じ。

この背中の造型もまたいい!
いやレゴのロボットって基本背中がね・・・

BJPM ジル16
武器の大剣。

何気にこれ、A0ランナーの部品で出来てます。
このランナーは軸に平行に溝が入っているパーツがありまして、直線状態で固定できるのです。

ボールジョイントメインだとこういう武器が作りづらいかな、と思いましたがちゃんと考えられてるんですね。
すげぇ。

BJPM ジル17
因みに武器はこんな感じで接続されてます。

ロボットが好きな私としては、非常に好みなフォルムです。
少ないパーツでかっこいい顔ができるっていいよねぇ。

・アクション!
BJPM ジル18
立膝待機状態。

どちらかっつーとそれっぽく見える、って感じですが立膝ポーズとかできます。
たくさん並べてこのカッコにしてみたい・・・

BJPM ジル20
叩き!

BJPM ジル21
つけ!!

こっからフルバースト!
俺モンハンでガンランス使ってるんで・・・

腕とか肩とかはそこそこ動く感じです。
武器の保持とかもちゃんとできてますし、動かせて遊べるのはやっぱいいですね!

ポロリはないんですが、一点保持の部分は触っているうちに勝手に動いちゃうこともあり、結構保持力があるおかげで一度ずれるとかっこいい位置に戻すまで地味に大変、という欠点はありますが。

カイゼルは結構大変だったんですよ・・・

BJPM ジル19
横なぎ!

剣の大きさが結構あるおかげで、大抵のポーズができるのがいいですね。

ただ腰部分を多重関節にしてあるせいで、ちょっと腰回転とかは難しいですが。
SDだとあんまり気にならなかったりしますけども。

BJPM ジル22
やくざキック!

片足立ちっぽいポーズ。
実際は右手で体支えてますが。
重心が低いのと保持力がある(多分1点保持の力はHFより上)おかげで、多少無茶なかっこもさせられます。

BJPM ジル23
ドラゴンボルトドラゴンボルトに乗ってみた!

これと比べると凄いちっちゃく見えますね。
・・・まぁ実際問題小っちゃいんですが。

BJPM ジル26
チャージ!

BJPM ジル25
スラッシュ!!

BJPM ジル24
最後はキメ!!

というわけでBJPM ジルのレビューでした。

かっこいい!作りやすい!!動く!!!
と三拍子そろった面白い玩具でした。

値段もそんなでもないし、パーツが小さいので結構いろんなものも作り易そうとブロック玩具としても面白いな、と思いましたね。
もっとメジャーになってもいいと思うんだけどなぁ、これ。

この前店舗行ったときに、テナントの話とかしてたみたいだけど、何か新しい展開があるのかなぁ。


Amazonへのリンクはこちらです。
4,000円はどうだろうか、と思うけどネットだと売ってないんだよなぁ。
実店舗にはあったような記憶が。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。