レゴヒーローファクトリー XT4

2014年6月10日

なんでそんな黄色いんだよ。
まぁ意味はないと思いますがw

というわけで今回はヒーローファクトリーヒーローファクトリーより、
6229 XT46229 XT4
をレビューしますよ。

今までとはちょっと違った機械的なフォルムが素敵です。


・箱
XT41
XT42
コアハンターヴォルティクスと同じように相も変わらずブリスター。

何気に今年下半期で普通に手に入るやつでは、レビューしてない唯一のヴィランになりますかねぇ。

6231 スピードデーモンは一般発売してないんですよねぇ、これが。(追記:コメントにて国内にて取り扱いがある、との情報をいただきました。修正いたします、申し訳ございませんでした。)

・中身
XT44
中身はこんな感じ。

全部で39ピース。
回転ノコの存在感が凄いですね。

見た目はかなり変わってますが、フレームに頭・手・脚をつけるという作りは変わってないのでサクサク行けます。

・完成!
XT46
4本の腕が非常に素敵!
しかも全部武器腕だ!!

名前もXT4と工業製品っぽいのがまたいいですねぇ。
ここまで機械っぽいのは何気に今までなかったんですよね、実は。

XT47
横から見るとこんな感じ。
基本薄っぺらいんです。

この足は逆関節に分類されるんですかね?
バランスとりづらいってこともあるんでしょうが、結構珍しいですよ。
(逆関節ってバランスとりづらいんですよねぇ、地味に)

XT48
後ろ。

腰(といっても相当上の位置にありますが)から生えてる腕は、フレームにパーツつけて、そこから生やしてる感じになります。

今までのものとは全然違うフォルムですね~。
こういう系統のもありなんだね、HF。

・アクション!
XT410
ちょっと荒ぶる感じで。

中々ポージングが難しいなぁ。

XT411
キュイーンッ!

XT412
ジャリジャリジャリッ!
ってな感じの丸鋸アタック!!

XT414
XT416
キーック!

長い脚を活かして、こんなポーズも可能ではありますが、バランスはとりづらいですね。

XT413
獲物を狙うかのようなポーズ。

関節の数が多いんで、様々なポージングができますよ。
人型でも虫型でも動物型でもないということもあり、色んなポーズが可能ですが中々ポーズが決まらないのも事実。

撮る人が撮ったらもっといろいろできるでしょうねぇ。

・余りパーツ
XT45
余りはこんな感じ。
相変わらずヒーローマークが余ります。

まぁこの見た目でヒーロー言われても困りますが、俺はありだと思う。
以下前回の続きとか。

XT417
「消えてもらおう、ヒーローッ!」

XT418
「おおっと!!」

XT419
「ヘイユーッ!これでどうだ!」

XT420
「甘い」

XT421
「おっと!!」

XT422
「さぁさぁ戦いな、坊やたち!」

XT423
キュイーン…ガッション、キュイーン…ガッション

XT424
チチチチチ・・・

XT425
「おや、あんたは・・・」

XT427
「なんであんたがこんなところ・・・」

XT428
「に・・・」

XT429
XT430
「な、なんで・・・」

「ゾウハンシャノサクジョヲカンリョウシマシタ」
「行き過ぎた自己愛など組織の歯車としては不要」
「アナタハヤリスギタ」「個体の成長サンプルとしては有用ではあったが」

XT431
「われらのさらなる進化のために」
「スウコウナルモクテキジョウジュノタメニ」

XT432
「解析とユウゴウを開シシ

何にも考えてないけど、どこで落とすんだろうね、これ。

というわけでXT4のレビューでした。
何気に今までありそうでなかったフォルムのセットでしたね。

逆にこういうのが今までなかった、という事の方が意外ですがw
フレームを作る際にはあったら便利なパーツ(新灰色のボールジョイント受けパーツとか)が結構入ってるので、1個あったら何気に便利なセットかもしれませんね。


Amazonへのリンクはこちらです。
実店舗は確か1,290円。


国内のクリブリでは取り扱いがない2012年下半期の製品。
(追記:国内取扱いあるそうです)

手に入れられそうだったら手に入れてみたいですが、多分これ適正価格3,000円くらいなんだよなぁ。

・関連記事
レゴヒーローファクトリー コアハンター
コアハンターとバルクをくっつけてみた。
レゴヒーローファクトリー ストリンガー
レゴヒーローファクトリー ヴォルティクス
今年下半期のほかのヴィラン+登場人物。
この中であえて1個と言われたら、コアハンター押しですかね。