レゴクーソー はやぶさ

2019年3月7日

まさかの先行販売日当日レビュー!
結構マイペースな更新してますからねぇ、うち(汗)

というわけで今回は
レゴ クーソー 21101 はやぶさ
をレビューしますよ。

先行販売分が今日届いたので、早速作ってしまいました!

しんかい6500につづいて2つ目の商品化となりますが、さてその出来や如何に!

21101 はやぶさ1


・箱

はやぶさが宇宙をバックに大きく載ってます。
相変わらずえらい頑丈にできてる箱ですね。

21101 はやぶさ2


裏はこんな感じです。
図鑑っぽい?

21101 はやぶさ3


箱上はこんな感じ。
CUUSOOの文字がひときわ目立ちますねぇ。

21101 はやぶさ4

・中身

369ピースにしてはちょっと分厚いインストが1冊、シールが1枚、ブロックが5袋。

21101 はやぶさ5


結構大き目なパーツが多い印象ですね。
ソーラーパネルと本体が基本デカいパーツでできているせいだと思いますが。

21101 はやぶさ6


前回のしんかい6500と同じように、セットのモデルとなったはやぶさの情報がインスト内に載ってます。
(当然フルカラーですよ、フルカラー!)

相変わらず豪華な仕様です。
そいではサクサクッと作っていきましょう!

21101 はやぶさ8


インストの最初の方で出来る土台。

21101 はやぶさ9


本体のペグ穴にシャフトを通して固定するわけですね。

しんかいのときは1本だけでしたが、今回は2本支柱があるので結構安定したディスプレイが期待できそうです。

土台を作った勢いそのままに、一気に本体も作ります。
合計して1時間弱くらいですかね?

21101 はやぶさ10


ゴゴゴゴ・・・

21101 はやぶさ11


ガチョンッ!
(本体裏には3つさせそうな穴が開いてますが、中央以外に支柱を差し込むのが正しいディスプレイの仕方みたいです)

21101 はやぶさ12


ドドーンッとはやぶさ完成!

何気に結構でかいです!!
本体作ってる時は、意外にボリュームないなーと思ってましたが、左右にソーラーパネルつけるとガラッと印象が変わりますね~。

それでは早速色々な角度から見てみましょう。

21101 はやぶさ13


丸ポチタイルと蛇口、コーンでディティールされた右側。

スラスターが色々な方向に動かせるのがいいですね!
ソーラーパネルは残念ながらシールです。

これもブロックでやってくれたら最高だったんだけど、重さがとんでもな
いことになりそうだな(汗)

21101 はやぶさ14


真上のアンテナはこんな感じ。
はやぶさって本体の大きさの割に機器がデカいんですかね?

21101 はやぶさ15


反対側とはまた違った表情を持つ(多分)正面。

反対側はポッチの露出がほとんどないのに比べて、こっちはポッチ剥き出しです。
ここは隠してほしかったかなぁ。

21101 はやぶさ16


ローアングルから。
何気にめかめかしくてかっこいい。

21101 はやぶさ18

・余りパーツ

あまりはこんな感じになります。
何気に使えそうなパーツが余ってくれるのが嬉しいですねw

21101 はやぶさ17


最後は箱絵っぽいアングルで〆!
あなたのおうちにもはやぶさがやってくる!!

と、いうわけではやぶさ(先行発売分)のレビューでした。

実はこれについてくるミニフィグ、表情が変えられるようになってまして、1枚だけ表情変えてるんですがどれか気づきましたか?w

このクーソーシリーズは、本体とディスプレイがついている、というのが今までにはない感じでいいですねぇ。

大人が楽しむレゴみたいな感じがしてかっこいいかも(12才以上推奨だけど)。

個人的には前回のしんかい6500の方が作ってて楽しかったですかね。
パーツ的においしかったですし。
この記事書くために調べたら、既に販売停止になってたんですね、残念。

しかしながら、このボリュームは中々に圧倒されるものがあります。
衛星シリーズって事で続いてくれないかなぁ。

3月からAmazonでも販売が開始される予定ですが、興味のある方はお早めにゲットされることをお勧めしますよ。


そんなAmazonへのリンクはこちら↑からどうぞ。
絶賛予約受付中!

スポンサーリンク