バケツロボ!

2014年12月20日

バケツロボット3原則!

1.バケツロボは基本セットのパーツのみを使って構成されていなければならない。

2.第1項に反しない限り、バケツロボは可動しなければならない。

3.第1,2項に反しない限り、バケツロボはかっこよくなければならない!

俺のバケツロボはAとBだけじゃないんだぜ!
という訳で今回はかれこれ5年ほど前にレゴ 基本セット 7335 青いバケツ レゴ 基本セット 7335 青いバケツの組換えで作ったロボットをご紹介しますよ。

青のコンテナスーパーデラックスのコメント欄にて@山下さんからご質問があった「肩と腕の接続」についても画像付きで解説しているので、気になる人はどうぞ。


かれこれ5年前の写真になるので背景がえっらいきたないので、ご了承ください。
その頃使ってた机の上で撮ったからなぁ。

バケツロボA肩1
BR-7335 バケツロボ1号。
7335 青いバケツ 7335 青いバケツのみから作られたロボット。

バケツロボ5
後ろから見るとこんな感じ。

青のバケツからかっこよくて動けるロボットって作れないもんかな~、という事で作ってみたロボット。

正直なところ、かなり無茶してます。
ポッチの間にプレートを挟み込む、という手法を多用してるせいもあって、かなり脆いです。

バケツロボ2
右手には収納型マシンガンを装備。

作ったのはずいぶん前ですが。この頃から武装は内蔵型なんですね。
その割に武器腕とか作らないよねぇ、自分のことながら。

バケツロボ4
ブリ~ッジ。

何気にこんなこともできる位、結構広範囲の可動を確保してます。
もう実物がないですが、首・肩・肘・股・膝・足首は一通り動きますかね。
仁王立ちとかもできますし。

バケツロボ3
グデッと。

股関節にはミニフィグを使ってみました。
このロボ、確かに結構動きますがぶっちゃけ物凄~くもろいですね!

他に代替パーツがなかったという事もありミニフィグ使いましたが、出来れば使いたくなかったなぁ。

それでも自立は出来てるわけだし、そこそこ保持力はあるんですがこの作品以降、こういう用途でミニフィグ使ってないですね。
いや本当もろいんだって。

以上、バケツロボ1号のご紹介でした。

今はバケツが7615 青いバケツ (ブロックはずし付き)7615 青いバケツ (ブロックはずし付き)に更新されたんで、こっち使ってバケツロボ作ってみたいな~とか考えてるんですが・・・普段やらないような組み方をせざるを得ない、というのもあって作るのに結構時間かかるんですよね(汗)

4月位には着手してみようかな、と思ってますが予定はあくまで未定という事でひとつ(汗)。

バケツロボ6
青のコンテナスーパーデラックスのコメント欄にて、@山下さんからご質問をいただきました、腕と肩の接続ですが、こんな感じになっております。

上半身のこってて良かったw

バケツロボA肩2
上から見るとこんな感じ。

ヘッドライトブロック2個使って方向転換してます。
丸ポッチを挟んでるのは幅の調整と、腕の可動のクリアランスを確保するためです。

肩アーマーは白いブロックのところにつけてますね。
この作りであれば、腕を回転させても肩アーマーが動かないんで、他の作品でも使う事が多いですねぇ。
(それはそれで前後分割とか色々と考える事が増えますけども)

ご参考になれば幸いです。
閲覧している方で、他の作品のこういう所が気になるとかあればコメント等頂ければ可能な限りこたえますので、お気軽にどうぞ。


今回の組換えに使ったセットの、Amazonへのリンクはこちらです。
何気に結構前に更新されてんですよね、バケツ。


現行の青いバケツはこちら。
一応持ってはいるんですが、ここからロボって作れるかなぁ。

スポンサーリンク