ジョイトイ(JOY TOY)暗源 STEEL KNIGHTSスチールナイツ神行太保 レビュー

2018年4月30日

もしかしたら1/12乗れるかもな~、と思ったのでなんとなく買ってみました。
半分、あってた。

というわけで今回はJOY TOY(ジョイトイ)より、

暗源 STEEL KNIGHTSスチールナイツ神行太保
をレビューしますよ。

リンク先が珍しくヤフーショッピングですが、ここ以外だと恒常的に売ってる所がなさそーなので。

公称サイズは1/27ですが、シリーズの見た目が気に入ったのとサイズ的にいけるんじゃねーかなー、と思ったので最も乗れそうなの選んで買ってみましたよ。

個人的には割と好きよ、これ。


箱正面はこんな感じ。

なんつーかあれですね、逆パッケージ詐欺。

日本だと見本より良いものは出てこないのが定説(ゆーてもこれ中国のメーカーっぽいですが)みたいな感じがありますが、こいつは違います。
というかこれ出てきたら泣く。

このパッケだとどことなく昭和のガンプラっぽさがありますが、本体は今風のリアル系でかっこいいですよ。



クルクルッと。

裏側には本体写真が載ってるので安心。


シャコッと。

こんな感じで外装が横にスライド出来るようになってます。
内箱にもパッケ絵かいてありますが、本当はこっち作りたかったのかなぁ…
それはそれでアグレッシブ。

中身


箱から出すとこんな感じ。

ブリスター上下に挟まれてます。


付属品。

箱の中にセロテープでついてます。
因みに説明書はありません。
もう慣れたよ。


でかい袋には武器が入ってます。

ランチャーっぽいのが2つ、剣が1つに銃が1つ。

ランチャーっぽいのは本体上部の穴にボールジョイントをはめる感じになります。
手持ち武器は後程詳しくやりますよ。


小さい袋にはパイロットが。


後ろはこんな感じ。



武器とマスクもついてきますよ。


1/12と並べてみるとこんな感じ。

このサイズの割には結構良く出来てると思います、これ。
黒い部分が関節になってるので、一通り動きますし、保持力もなかなか。

まぁこの後出てきませんけどね!
あくまでも1/12で使えるかどうかが個人的には問題なので。

スチールナイツ神行太保本体


スチールナイツ正面。



クルクルッと。

膝がちょっと折れ曲がってますが、これがデフォルトです。
まっすぐには出来ないんですよね、このロボット。

既存のロボとも違った感じで、中々かっこいいんじゃーないでしょうか。
以下適当にアップで。





threezeroとかと比べると汚しとかそこまで入ってませんが、塗装自体は案外いい感じではないかと。


胴体を上から。



パカッと。

本体上面がこんな感じでパカッと開くようになってます。


正面装甲も外せますけどね。

ただこれ、仕様なのか俺が買ったのが左右の接着が甘いからできたのかイマイチわからんですね。


何気に割と作りこんであります。

コクピット部分はシートは勿論、サイドの部分まで作りこまれてます。
割と作り細かいのよね、こいつ。

1/12が乗れるか試してみる


参考までに1/12が胴体に乗れるフルメタルゴーストを並べてみました。

スチールナイツに合わせるとほとんど映らねぇという。
割と大きさ違うのよねぇ、これ。

早速最も乗れるロボットを選ばない女事、毎度おなじみ1/12カスタムリリィType-B(関節強化素体に換装済)を乗せてみましょう。

せめて下半身だけでも入ってくれよ…


というわけで乗せた図を正面から。


上から。

靴は脱がせてますが、服とか着てても下半身はギリギリ入ります。

ただfigmaみたいなフィギュアだとスカート引っかかったりして案外乗せられないかもしれませんね。

見た目的に上半身でてもそんな違和感ねーかなー、と。

パッケージサイズが40cmで胴体がでかそうだったんでもうちょい行けるかな、と思いましたが…まぁ下半身はいればいいか。

しかしこれ、蓋が邪魔だなぁ…
左右に分かれるんだし、これ外せ
ボキッ。


…というわけで上の蓋取っ払うとこんな感じになります。

より自然になりましたね!

…ま、まぁ前の方にダボあるからそれで合わせれば元のパイロットさんも乗れるさ、多分…

不慮の事故はありましたが、結果オーライ!
という訳でお次は可動面と武器のご紹介ですよ。

可動はそこそこ


肘と膝は曲げるとこんな感じ。

普通、って感じですかね。

そこまで動くって訳でもないですが、ポージングに困るって訳でもない、という感じ。


腰は360度回転。

他に胴体についてる丸い目のような部分もクルクル回りますよ。


左右はこんな感じ。

あまり開いたりって事は出来ない方ですかね。

ただこのロボ、実は関節の硬さが全体的にかなり柔らかく、特に股関節は妙な反発がかかるせいもあって、保持力はちょっと心もとないです。

といっても武器保持できないとか立たないというほど弱くもないんで、扱いやついっちゃー扱いやすいですね。
threezero製のロボが概ね固すぎるってのもある。

武器その1・剣


剣はこのように装備可能。

ただ柔らかいプラスチック使ってるせいか、刀身がたわんでます。
多分ドライヤーとか使えば戻るんでないかと。


持つ部分はこのようにピンが。

掌に穴が開いてまして、そこに刺すことでしっかり保持することができます。


何気に両手持ちも余裕。

柄が長く、下の方にもピンがあるので両手持ちも余裕でできます。

ちなみに指は親指、その他の指という感じの分割になってますよ。
根元の部分のみが動くようになってます。
threezeroが変態すぎるんだよな…

武器その2・銃


ライフルはこんな感じ。

こっちは特にピン等ありません。
割としっかり持てますよ。


前のグリップも一応握れる。

何気に前のグリップも握れます。
案外使い勝手はいいのよね、この武器。




出撃したらHUGE(カイジュウ)と遭遇しちゃったよ、的な写真で〆。

いや最近いい感じの背景が手に入ったもんで…

という訳でジョイトイ(JOY TOY)の暗源 STEEL KNIGHTSスチールナイツ神行太保のレビューでした。

1/12に使うには小さいですが、乗ってるっぽく見せることは出来るんじゃないかと思います。

本来の1/27スケールの玩具としてはパイロットとかかなり細かく出来てますし、可動はそれなり、武器も一通りついてくると結構良く出来てる方では、という気がしますね。

値段が1万弱という事を考えると、結構頑張ってんじゃねーかなー、という気がしますよ。

このスケールの海外トイは詳しくありませんが、アシッドレインとかこれより小さくてこれ位の値段するのもありますからねぇ。

可動面に若干不安があるのがマイナスポイントでしょうか。

ポージングに困るって程動かない訳じゃありませんが、threezeroとかと比べると可動個所も保持力もかなり劣るかな、と。

またここら辺と比べると塗装とか仕上げはちょっと雑かな、という所はありますかね。

threezeroの1/12ロボとかなら完全密閉タイプのコクピットでまさに乗ってるって感じになりますが…値段的にこれの倍じゃ買えませんしねぇ。
(threezero製は概ね3万~)

あとスチールナイツは上から乗せるタイプなんで蓋取っ払えば乗れますが、正面から開けるタイプのやつはほぼ間違いなく入らないと思います。

ゼウスシリーズとかだと1/12乗せるのは無理だと思いますねぇ。

特にお勧めって訳ではないですが、ローコストにミリタリチックで1/12と絡められそーなロボが欲しい、という方のお眼鏡にはかなうんじゃないかな、という気がしますかねぇ。

ジョイトイ(JOY TOY)暗源 STEEL KNIGHTSスチールナイツ神行太保
この商品のヤフーショッピングへのリンクはこちら。

2018/4/29日現在売り切れですが、Amaとか売ってないんだよねぇ。

雑記

Posted by てつじん