PCTOYS 1/12 PC001 D-Walker Movable レビュー

2020年5月5日

見た目的には好みですし、ファンアイテムとして面白い商品だな、と思いますが非常に、非常に、非常に!繊細なアクションフィギュアなので取り扱いにはマジ注意。

という訳で今回はPCTOYSより、

1/12 PC001 D-Walker Movable

をレビューしますよ。

メタルギアソリッド5のバディのロボットですかね。

原作は未プレイなんですが、1/12が乗れるロボなのと見た目的に結構好きなので買ってみました。
個人的な感想としてはちょっとハードルが高いフィギュアなので買いたい、という人は覚悟推奨。

スポンサーリンク

箱正面はこんな感じ。

クルクルッと。

結構シンプルですね。
余談ですがこのメーカーさん、多分背景セットとか出してたメーカーさんですよねぇ。
001というナンバーからも初のアクションフィギュア、みたいな感じなのかしら。

パカッと。

この手の海外TOYには珍しく説明書がちゃんとついてます。

書いてある文字は英語と中国語ですが、イラストで説明してくれてるのでなんとなくは分かると思います…まぁちょっと書いてない所あったりするっぽいですが…

中身

パカッと出すとこんな感じ。

右側に腕つけて…

股関節に磁石でアーマーつけたら完成です。

1/12 D-Walker

D-Walker正面はこんな感じ。

マチェットの持たせ方間違ってますね、これ。

クルクルッと。

いー感じの逆関節っぽいロボットです。

本体各部にはマーキングシールとかも貼ってありますよ。

ただこれ、ちょっと浮いてるんだよなぁ…

塗装で多数の塗り訳がされており、薄くウェザリング処理も入ってます。

ThreeAとかと比べるとかなりおとなしいですがウェザリングされてますよ。

しかしランプの部分はちょっとべたっとしちゃってますね…
個人的にはこことヘッドのオレンジ部分はクリアとかだと嬉しかった。

股関節を開かせるとこうなる。

股関節、右肩、右肩の付け根、肘、足首といった所が可動します。
膝も一応動きますが可動域はかなり狭め。

尚膝は動く、とは説明書には書いてないので偶然動かせるようになってるだけの可能性あります。

このD-Walker、可動個所が結構少ないんですよねぇ。
足首も回転しかしませんし。

また全体的に保持力は弱いです。
傾かせすぎるとグラッといきます。

股関節はボールジョイントになってますが、これ以上開かせるとジョイント自体が抜けてしまったりもしますよ。

1/12を乗せてみる

毎度おなじみ1/12のカスタムリリィを乗せるとこんな感じ。

可動はちょっとあれですがまぁこれが出来れば…という訳で搭乗モード。

股関節の裏側に足を置くバーがありまして、上半身でグリップを持たせてのっける、という感じになってますよ。
これは奥にある黒いハンドルを持たせてます。

手前のハンドル持たせてのっけるとこんな感じ。

ちょうど持ってたメタルギアのfigma、figma METAL GEAR SOLID2 SONS OF LIBERTY ゴルルコビッチ兵 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュアを乗せるとこんな感じ。

スケール的には割といい感じなんじゃないでしょうか。

ただこれ、アクションフィギュアとしてかなりでかい欠点がありまして。

実はかなり脆いぞ、D-Walker

奥にあるこのハンドルですが…

持たせたところポキッと折れました。

断面図を見た感じではこれグリップが短くて本体側に刺さってないっぽいんですよねぇ。
あと5mmでも長くして本体に固定できるようになってればそう簡単には折れないと思うんですが…

またこの部分、グリップの周りの隙間が非常に狭く無理して持たせることになりやすい、という欠点が。

なのでこの部分は持たせない方がいいと思います。

じゃあここをもたせりゃいいじゃん、と思いますがここにも欠点が。

この部分、説明書に思いっきり折れやすい、と記載してあるんですね。

触ってみた感じとしてはかなり薄く、簡単に破損しそうな感じがビシビシと。

他にこれらのフックっぽい部品、固くて薄いので折る気になれば容易に折れます。

要はこのD-Walker、見た目的にはフィギュア乗せて遊べそうですが持ち手の部分が軒並み脆い、というかなり不可思議な仕様になってるわけですね。

なんとなーくですが塗料がプラスチックを侵してるんじゃないかな、という手ごたえがあるんですよね…

そんなわけでフィギュアを乗せる時は持ち手で持つというよりかは指をひっかける位にしておいた方が良いと思います。

バランスとらせるのが面倒ですがそんな感じでも一応乗れはしますし。

個体差かもしれませんがうちのD-Walkerの反対側はこんな感じになってました。
作ってる最中に壊れて直したんじゃねーかな、多分。

また他に足首から生えてる棒が取れたり関節は軒並み緩いと全体的に強度はかなり難がありますね。

多分これ買うような人って乗せて遊ぶと思うんですがそれが出来ないってのはどーなんだ。

また多数塗り分けられてるのはいいんですが、割とはみだしとかが目立ちますね。
どうも雑なんだよなぁ…

更に言うと足首の可動の関係上、ホバーモードにはなれません

それっぽいポーズは取れますけどね…
ヘッドも完全に固定されてるので交換とかも出来なさそーですし。

ここら辺も残念ポイントかなぁ。

マチェットは向きさえあってればちゃんと固定できるんですけどね、という写真で〆。

多分このフィギュアで唯一しっかりしてるところな気がする。

という訳でPCTOYSより、1/12 PC001 D-Walker Movableのレビューでした。

多少雑な部分はあれど見た目は良く出来てると思います。
スケール感も1/12フィギュアと遊ぶにはちょうど良い大きさではないかと思いますし。

ただアクションフィギュアとしては保持力弱いし可動個所少ないしなにより持ち手が軒並み脆いためにフィギュアを乗せて遊ぶと高確率で破損する、という割とでかい欠点があるのが残念ポイントでしょうか。

ホバーモードもせめて足首が上下に動けばもうちょっとそれっぽくなると思うんだけどな…

ただまぁ見た目は本当にいいな~と思いますしファンにとっては嬉しいアイテムじゃないかな~とも思うんですよね…

1万切る位の値段だったら嬉しいかなぁ、と思うんですけど…
定価1.3~1.6位なんですよねぇ。

ちょっと勧めがたい代物ではありますが、国内でもインポートショップとかでは取り扱ってたりもするのでどうしても欲しい、という方はどうぞ。

因みにPCTOYSですがこんな感じのミニチュアとか背景セットとか出してるメーカーみたいですね。
確か鉄橋みたいなのも出してたな…

今後出る予定らしいマトリックスのネオ。

今後はこういうフィギュアも出す方向でいくんですかね…
見た感じ素体は他のメーカーのと同じみたいですし、試しに買ってみようかなぁ。

スポンサーリンク