Bruder(ブルーダー)のプロシリーズを試しに買ってみた

2019年2月22日

スケールは1/16なんですがピコニーモS素体だったら案外乗れます。
建機とかトラクターとかこのサイズだとまずないようなものばかりなのでリリィユーザーには超おすすめ。
多分集めると思います、これ。

という訳で今回はドイツのBruder(ブルーダー)というメーカーの
02531 MB Sprinter L:420mm
bruder(ブルーダー) 農舎セット フィギュア付き BR62620
をご紹介しますよ。

噂には聞いてたんですが、何分スケール違うので購入するかどうか迷ってたんですが…
この2つを格安でゲットできたのでその使用感等を書いてみようかと。

結論から言えば「ピコニーモ関節強化S素体なら」かなり使えると思います。
ブルーダーって再生産とかもしてるんですが、何故か両方とも絶版なんだよなぁ、これ。

スポンサーリンク

1.02531 MB Sprinter L:420mm

本体はこんな感じ。

何分これかなり古いものらしく、箱とかの状態が悪かったのでいきなりご紹介です。
確認したところ、2012年のカタログには既に掲載されていなかったので、それより前の物かと思います。

荷台がかなり広いので、1/12 BMWイセッタを余裕で積めます。
昇降機能とかもあるんですが、ここら辺は問題なく動いてました。

箱こそボロボロでしたが、本体は特に劣化の跡がない当たり、かなり丈夫に作られてるんだと思いますねぇ。

運転席はこんな感じ。

運転席は左右のドアが開くようになってるんですが、ピコニーモS素体のカスタムリリィTYPE-Aでも余裕で乗れます。

ただ頭が引っかからない程度の空間はありますが、そこまで余裕がある訳でもないなのでM素体だと厳しいんじゃないか、という感じがしましたね。

腹パージ使えばいけるかもしれませんが…

余談ですがブルーダーって同じような車両でもモノによってはドア等の開閉機能がないものもあるみたいです。

ここら辺を調べるにはジョブインターナショナルさんのサイトが便利ですよ。

作業中の図。
因みに荷台のサイドはちゃんと開きますよ。

1/16という事もあって少し小さい感じもしますが、こういうでかい車って多分正確なサイズ分かる人あまりいないと思うので、そこまで違和感もないんじゃねーかなー、という気がします。

厳密に観てくと勿論スケール感あってないんですが、舞台装置として使う分にはありなんでないかなぁ、と。

最初にこれを見つけて試してみたんですが、あら思ったよりもいいじゃない、という事で次に買ってみたのがこちら!

2.62620 農舎

箱はこんな感じ。

ガレージと小型トラクター、フィギュアのセットです。
既に絶版ですが、何故かえらい安い値段で売ってたのよね。

今手に入るものだとこれが一番構成的には近いと思います。
トラクターがショベルになってますけども。

トラクターとフィギュアの大きさはこんな感じ。

フィギュアは割と小さいですね。
隣のカスタムリリィは1/12ですが、それにしたって差がありすぎるような気も。

フィギュアを乗せてみた。

付属のフィギュアですが、手首と足首、腰に関節がないため乗せるのが結構大変でした。

試しにカスタムリリィTYPE-Bを乗せてみた。
( 使ってるヘッドは旧版ですが、素体はバトルコスチュームと同じく関節強化に換装済み)

トラックに比べると運転席のスペースがかなり小さいので、このままだとまともに乗れません。
だが、しかし!

秘儀、腹パージ!!

お腹の部品をはずして腰回りの可動を確保する事で何とか乗れるようになります。
ただTYPE-Aみたいに上の方に出っ張る部品があると厳しいです。

この小型トラクターはブルーダーの中でも運転席がかなり狭い方…だと思います。

これに乗れる位なんで、ピコS素体なら大抵のブルーダーのプロシリーズには乗れると思いますね。

反面、figmaとかだとこういう方法が取れないのでモノによっては乗せられない、という事になると思います。
ピコニーモってこの手の乗り物だとほぼ乗れるんだよなぁ、何故か。

そして!

3.個人的本命、ガレージ

この農舎についてるガレージ(一応バラ売りもあります)なんですが、これかなり使えます。

こんな感じの各種部品を…

接続用パーツを使って…

このよーにつなげていきます。

自由度もそこそこありますし、カッチリハマりますしと中々高性能です。
土台の部分が左右しかないので、拡張しようとするとちと難しいかもしれませんが…

形にするとこうなります。

何気に1/12サイズ立たせても十分に高さも広さもある建物になるんですよね、これ。

ドアと窓はこんな感じ。

ドアは流石に小さいですがピコニーモS素体なら通り抜けも可能です。
窓は下半身見えないので、ピコM素体とかでもかがめば使えるんじゃないかなぁ、と思いますかね。

扉のスライド機能も装備。

裏側はこんな感じで扉をスライドさせて開く、という事が出来るようになってます。
車とか置いたらかっこいいんじゃないですかねぇ。

また1/16サイズとは思えないほど広いです。
高さも十分にあるので、背景としても普通に使えると思いますよ。

実際にブンドドしてみた写真で〆。

実は前回の幸恵様の背景はこれだったんですねぇ。

トラクター置いた状態でクリーチャーこれだけ配置してても武器ぶん回せるので結構広いんすよ、これ。
また屋根とか壁とか簡単に外せるので撮影もしやすいです。

という訳でBruder(ブルーダー)のプロシリーズの購入報告でした。

思った以上にピコニーモ、特にSサイズとの相性が良いように思います。

値段もこの手のミニカーにしては安いですし丈夫ですし…
リリィに乗せる車が欲しい、という人は検討してみてもいいんじゃないかな~と思いますよ。

あとガレージは普通に使い勝手がいいのでこれはこれでお薦めです。

またブルーダーの何がいいってカタログ落ちする事はあるみたいですが割と再生産してくれるのでプレ値で買わなくてもいい、というのもあると思います。

反面、安くなることはあまりないみたいですが…
まぁどこで買ってもそんな変わらない、という風に見る事も出来るかなぁ。

とりあえずいくつか気になるのがあるので早速揃えてみようかなぁ、と思っておりますよ。
まさかまた知育玩具を集める事になるとはな…

今回紹介したもののAmazonへのリンクはこちらです。

内容的にそんな変わらないのでこっちの方がいいんじゃないかな、と思いますけども。
ただコーンとかの高さが合うかは微妙。

スポンサーリンク