レゴクリエイター ブルーロードスター

2018年9月6日

トイザらスよったら「クリエイター&シティ15%オフ」「4,000円以上お買い上げで500円クーポンプレゼント」やってたんで、買ってきましたよ。

オフセールは今週末位だと思いますが、クーポンは5月くらいまで配布してるみたいですので、そこそこの値段のものが欲しいって人は行ってみるといいんじゃないでしょうか?

店舗ごとに日程と内容は異なるみたいですが、たまーにクリアランスセールやってますしね。
(トワイライトトワイライト半額ゲットしたことあるし)

そんなわけで今回はレゴクリエイターレゴクリエイターより、
6913 ブルーロードスター6913 ブルーロードスターをレビューしますよ。

青と白のパーツが欲しかったんで買ってみました。
最近はそうでもないですが、何気に青って手に入れるの難しい色なんですよねぇ。

6913 ブルーロードスター


・箱
6913 ブルーロードスター1
小型のクリエイターなんで、結構小さめです。

6913 ブルーロードスター2
裏はいつも通りな感じ。

画面向かって左の車は、なんかルパンっぽいですね。
昔これのリアルバージョンがあったような。ホットショットだっけかな?

・中身
6913 ブルーロードスター3
中くらいの袋1つに、小さい袋1つにインスト2冊。
定価の時点でパーツ単価約10円/個なんでそこそこ量はある方だと思います。

例によって例のごとく、メインモデルを作成してみました。
ちょっと早めに組んでみたら、10分位で作り終わったという(汗)

・完成!
6913 ブルーロードスター5
青い車ってのも何気に珍しいですね。
実写でもそんなに見たことないような。

6913 ブルーロードスター6
フロント。

ライトはバイオニクルの牙パーツを使ってます。
車のこの部分ってタイル貼るか、ポチスロ使うか、スロープっぽい物で作るかといった感じなんで、こういう作り方してるのはめずらしいかも。

6913 ブルーロードスター7
リア。結構あっさり目な感じ。

ウィングはもう1プレート分高くするか、隙間埋めちゃったほうがそれっぽくなる気がしますね。

6913 ブルーロードスター8
一応ドアが開きます。

内装はハンドルとツーシートがあるだけで、アクセルとかブレーキとかはありません。

6913 ブルーロードスター10
タイヤを外してみたの図。

プレートの積層で出来てるというのがよく分かるかな~と思い、とってみました。

今までの製品だとストリートスピーダーストリートスピーダーが一番内容的・構造的には近いかな?
こっちでレビューしたスーパースピードスターの方がギミックがあって個人的には好きですが、サイズもちょっとでかくなるんですよね。

いつもだったらここら辺で終わるんですがこのセット、実は意外な使い道があります!

6913 ブルーロードスター11
無改造でミニフィグ乗れます!

シートの部分にポッチが露出してたんでもしやと思い乗せてみましたが、見事に乗りましたw

6913 ブルーロードスター12
ただミニフィグがいると、ドア内側の1×2白プレートが干渉するんで乗せる時はとった方がいいかな、と思います。

強度的に必要な部分でもないしね。

・余りパーツ
6913 ブルーロードスター4
あまりはこんな感じ。

ポチスロが余るのは個人的には嬉しいですね。水色のポチスロとか結構珍しいんだな、これが。

以上、今年の新製品ブルーロードスターのレビューでした。
今年の上半期のクリエーターは小粒なのが多かったんであまり買う気はなかったんですが、パーツに惹かれて買っちゃいました。

モデルもこのサイズとしては綺麗にまとまってる方じゃないかな~と思いますが、最近このくらいのクリエーターの車が結構出てるんで、ちと食傷気味かなぁ。

青の1×3タイル、ポチスロ、1×3ウェッジプレートと意外に手に入りづらいのが一通り手に入るので、青系作品作る人は買っても損はないかな~と思いますね。

・おまけ
6913 ブルーロードスター13
組換えで6幅にしてみました。

このサイズって実は作ったことない(変形ギミックとか入れるとデカくなるんですよ)んですが、高さのバランスとるのが難しいですねぇ。今後の課題です。


Amazonへのリンクはこちらからどうぞ。
結構お手頃価格ですよ。来年あたりにはない気もするので、青が必要な人には特におすすめです。


文中で紹介したストリートスピーダーですが、ミニシリーズで復活してたりします。

最近もともとでかかったセットを小さくして発売って流れが多いですねぇ。