スペースポリス組換えその2。

その1の続きです。
GUN-BITシリーズにはこんな秘密が!


説明しよう!

GUN-BITSは合体する事で、 万能巨大戦闘機として運用する事が出来るのだ!!

GUN-BITα4
1.GUN-BITαの背面装甲をパカッと左右に展開。

GUN-BITγ4
2.GUN-BITγのブースターを前方に。

GUN-BOT1
3.γ、β、αの順で合体。

GUN-BOT1。
万能巨大宇宙戦闘機。
またの名をスペースキャリアー。

元のセットに色々とギミックがあるので、組換えでも何かしらのギミックを入れたい、という事で合体変型ギミックを盛り込んでみました。

合体すると逆に出力減るんじゃないか、という気もしますが、浪漫なんですよ、浪漫。

更に説明しよう!

GUN-BITSには人型ロボットへの変型合体機構も搭載されているのだ!!

GUN-BOT2-1
1.GUN-BITγをGUN-BOT1の変形状態から直立させます。

GUN-BOT2-2
2.機首をカチッとはずして、後ろに持っていきます。

GUN-BOT2-3
3.GUN-BITβをγに合体。

前方のクリップと、後方の取っ手の部分で保持します。

GUN-BOT2-4
4.GUN-BITαを変型させて、腕を出します。

GUN-BOT2-5
5.βとαを合体。

GUN-BOT2-6
6.ジャキンッ!と頭部を引っ張り出します。

GUN-BOT2-7
7.完成!

GUN-BOT2-8
GUN-BOT2。

3つの戦闘機が合わさる事で完成する、人型ロボット形態。
結構強いぞ!

やはり合体と言ったら人型も欲しいですよね!という事で、人型ロボットへの合体機構も盛り込んでみました。

脚が全体的に強度不足のため、支えを置いて自立するのがやっとというありさまですが(汗)

強度確保のための部品を使う余裕がなかったので、かなり脆いです。
脚の構成に無理がありすぎるなぁ・・・

合体機構を入れたい、という事で何とかかんとか形にしてみましたが、
色々と反省する結果となってしまいました。

合体ロボットの素案としては使えそうなので、まぁいいかな~と思っております。

このようにやるきになれば合体変型機構を構築する事も出来るスペースポリス、お勧めですよ。

可動に使えるパーツが結構多いので、他にも色々出来るんじゃないかと思います。

クリブリ限定品というのが残念ですねぇ。
トイざラスとかに日本未発売品が出回ったりしないかなぁ。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。