去年と一昨年のクリブリコンテストに出したもの。

何をいまさら、という感じの情報ですが、こちらにて 今年のレゴ・クリックブリックオリジナルモデルコンテストの結果が発表されております!

相変わらずこのコンテストはレベル高いですね~。

でもこういう形で公表してくれるなら、各店舗の入賞作品から全国1位を決める、とかあっても面白いと思うんですけどね。

実はわたくし、去年と一昨年にも出品しているんですが、その時は入賞にかすりもしませんでw

個人的には思い入れのある作品(特に一昨年のやつ)なので、ちょうどよいのでここで発表してしまおうかと思いまして。
・・・去年までとジャンルが全然違うので、同一人物だと思われてねーんじゃねーかな、とか思ったり(汗)

そんな一昨年と去年の作品は、これだぁ!


・2009オリジナルモデルコンテスト出品作品
2009クリブリコンテスト出品物いぬさくや1
「いぬさくや」

「人生初の出品作品はこれしかないだろう!」という事で作った作品。
この頃はこのサイズのSDを作るスキルはほとんどなかったので、規定に収めるのに無茶苦茶苦労しました。

2週間くらいはサイズ合わせに使ってたな(汗)
ちなみにこのポーズ、元ネタがありまして、「いぬさくやのほん。」の確か2ページ目をもとにしてます。

2009クリブリコンテスト出品物いぬさくや2
別アングル。
腰にあるのはいぬさくやの元になったキャラクター「十六夜 咲夜」が持っている懐中時計、通称銀時計をモチーフにして作ってみました。

このサイズだとそれっぽい外観にするのが精一杯でした(汗)
今見るとスカートの作りがかなりやっつけですねorz

この作品、写真を撮るときに派手にぶっ壊れたらしく、ちょうどお店に来ていたレゴビルダーさんに直してもらったんだそーです。

顔と耳の接続とかものすごい変な接続してたから、直すの大変だったろうなぁ(汗)

2009クリブリコンテスト出品物いぬさくや4
ティーセット。
いぬさくやは紅魔館の「メイド長」なので、紅茶を入れるのもお仕事です。

このティーセットは意外に評価されてたかなぁ。

2009クリブリコンテスト出品物いぬさくや3
後ろには蝙蝠を作ってみました。

紅魔館は吸血鬼のお屋敷なので、そのモチーフを取り入れたいな~、と思いまして、ちょっと作ってみました。

これもこれでサイズに収めるのが大変だったとゆ~・・・
この頃から店員さん泣かせの作品を出す人だったんですね~(汗)
ここら辺は全然成長してねぇなぁ。

そして次の年。
満を持して館の主が登場です!!

・2010オリジナルモデルコンテスト出品作品
2010クリブリコンテスト出品物スカーレット姉妹1
「スカーレット姉妹」

「去年いぬさくやだったから、今年はスカーレット姉妹だろ!」という訳で作った作品。

1年たってSD製作スキルがそこそこ向上し、約半分のサイズで作れるようになったので、この2人を出品する、というところまでは最初から決まってました。

なんですが。

実はこのフランドール、このちょっと前に作った頒布用の
「フランドール・スカーレットVer2.0」をちょっと改修しただけだったりするんですよね~・・・

姉のレミリア・スカーレットの製作に予想外に手間取ったことと、
この頃仕事が超忙しかったのでフラン新造まではできなかったんですよ(汗)

納品も〆切ギリギリでしたしね・・・

2010クリブリコンテスト出品物スカーレット姉妹2
我が家のいぬさくやさんズと。

そんな状況だったので、個人的に撮った写真もこの2枚しかないんですよねぇ。

色んな意味でまだまだ作りこめた作品だったな~、と反省点が多々残る作品になってしまいました。

んで、その次の年に出品したものが・・・

・2011オリジナルモデルコンテスト出品作品
IMG_1272t
「ユニコーンガンダムNT-D」

詳しくはこちら辺りをご参照ください。
はい、もうジャンルが全然違います!

もともとはSD系で行く予定が、年末からやってたこっちに予想外に力を入れてしまい、このまま行っちまえ!という事になったわけです。

年末からやってたんで、スケジュール的にも結構余裕を持てましたし。
ここら辺は前回の反省を活かしてる・・・のか?

リアル頭身ユニコーンガンダムをレゴで作った人はいませんでしたし、
時期的にも受けるだろうし、何よりこれはネタ被る可能性がかなり低いだろう、と思ってたんで出したんですが、結果を出せてよかった、よかった。

お台場VF店で入賞する、というのが1つの目標だったので、それが果たせてよかったです。

願わくば、SDで入賞したかったけどもw
来年はまた違ったものを出したいですね~。

見た人が驚くようなやつを作れたら最高ですけど、さてどうしようかな~。

・ユニコーンガンダム関連の記事
ユニコーンガンダム製作記その1。
ユニコーンガンダム製作記その2。
ユニコーンガンダム製作記その3。
ユニコーンガンダムNT-D。



スポンサーリンク

「去年と一昨年のクリブリコンテストに出したもの。」への2件のフィードバック

  1. お台場のクリブリで店員さんに作品に関して色々話し聞いてたら「てつじんさんは作品の方向性が変わりましたね 」的な事を言ってました。
    別に変わった訳ではないと思ったのだけど、あえてツッコミませんでしたが(^^;;
    たまたま珍しく自分もロボを組みました。
    少し後になると思いますが日記にでも書くと思います。
    作ってて、中身はやっぱりロボは難しいなとw
    なんちゃってロボなのでデザインもですが、関節に普通のヒンジ使うと重量負けしますね、あまり前ですがw

  2. >SUUさん
    お台場行かれたんですね!
    私が行ったときはまだ開いてないお店とかありましたけど、
    今は完全復活しているのでしょうか?
    >方向性
    実は結構昔から両方作ってる上に、一番有名なのは建物です、というw
    いつかかわいい系とかっこいい系を両立させた作品を作ってみたいですねw
    SUUさんのロボ、是非拝見したいです!
    日記で見るのが楽しみです。
    ロボは何気にフレームが難しいんですよねぇ。
    モノコック構造で作るのもそれはそれで難しかったりしますし、
    構想時間の半分くらいはフレームに使ってることもしばしばです(汗)
    ヒンジは保持力が結構低いので、重量負けしやすいかもですね。
    クリップ関節とかポールジョイントだとそこそこ保持してくれるんですが、
    スペースをそこそことるので利用どころが難しかったりもしますし。
    強度必要だけど、ヒンジっぽい組み方したいな~という時は、
    T字バー関節とかプレート挟み込みとかにしちゃうこと多いですね。
    最近のセットで、たまに保持力の強いヒンジが入ってることがありましたが、
    あれに頼るのはお金かかりすぎちゃいますね(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。