NECA(ネカ) 1/4スケールアクションフィギュア プレデター 1987 ジャングルハンター・プレデター レビュー

1/4スケールとなってますが、18インチアクションフィギュアとだいたい同じ位の大きさです。
同じメーカーなのに2つのスケール表記があるってのは何故なんだ。

というわけで今回はNECA(ネカ)より、
1/4スケールアクションフィギュア プレデター 1987 ジャングルハンター・プレデター
をレビューしますよ。

サイトによって1987入ってたり入ってなかったりしますが、多分入るのが正しいんでないかと。

ネカのでかいフィギュアはエイリアン・クイーンナイフ・ヘッドに引き続き3体目ですが、今回も凄いボリュームで楽しめました。

しかも今回の奴は支えとかなしで直立できますし!
ナイフ・ヘッドも出来なくもないんだが。

LEDギミックとかもついてますしね。
ただちょ~っと可動に難ありなんだなぁ。

img_1716r
正面はこんな感じ。

割とでかいんですが比較するものがないといまいち大きさが伝わりませんね。

img_1720r
img_1721r
img_1723r
クルクルクルッと。

パッケージの至る所にプレデターがいますね。
割とかっこいいと思う。

img_1722r
裏面の下にあるその他の商品。

サイズは8インチみたいです。
ちなみに1/4サイズのプレデターは他にもいくつかありますよ。

中身

img_1724r
箱から出すとこんな感じ。

img_1726
裏面はこんなん。

ナイフ・ヘッドほどではありませんが、割とがっちり固定されてます。
これ取るの時間かかるのよねぇ。

針金をくるくると外してプレデター本体の登場です。
ちなみに数は少ないですが、付属品とかもありますよ。

というわけで1/4サイズ(18インチ)プレデター

img_1733
取り出した本体。

img_1737
img_1738
img_1740
クルクルクルッと。

なかなかかっこいいです。
今回何がいいってスタンドなしで自立できることですよ。

プレデターはこれまたあまり知らないんですが、結構かっこいいです、これ。
毎度毎度思いますが、ただただブンドドに使いたい、という理由でこれ買う人って全体の何%位なんだろう。

img_1734r
顔のアップ。

中々精悍な顔立ち。

img_1739r
後頭部のドレッドヘアー(?)。

軟質素材でいい感じに再現されてます。

img_1756r
img_1755r
頭部にはLED点灯ギミック付き。

小さいんでちょっとわかりづらいですが。

img_1757r
マスクはこんな感じで外せます。

思いっきり顔なし。

違う種類のプレデターだと、マスクの下の素顔が造形されてるのもあるらしいです。

img_1758
img_1759
マスクはこんな感じ。

この空洞部分にLEDギミックが入ってます。
電池は最初から入ってるので絶縁体抜けば使えるようになりますし、電池の交換も可能。

img_1735r
胴体のアーマー。

筋彫りとかもされてて割といい感じ。

胴体と肩アーマーをつないでいるパイプ状の部品ですが、気が付いたら取れてました。
ブンドドするときは注意ですよ。

img_1742r
素肌の部分はこんな感じ。

割といい感じに肌っぽくなってると思います。
しかし異星人の素肌に網つけるって発想は凄いな。

img_1747r
img_1749r
骨骨ネックレス。

これもいい感じに造形されてます。
しかし何の骨なんですかね、これ。
エイリアン?

img_1745r
左腕のコンピューターガントレット。

img_1746r
こんな感じにパカッと開きます。

img_1752r
img_1751r
ここにも発光ギミックを搭載。

割といい感じに光ります。

頭部は光量足りないかな?と思いましたがこっちはそういう感じは受けませんでしたね。

img_1741r
右腕のリスト・ブレイド。

img_1763
img_1764
こんな感じに伸びますよ。

中でつながってるので、それぞれ独立して伸ばしたりってことはできません。

img_1743r
足のアーマー。

モールドとかもあってなかなかいい感じ。

img_1744r
足裏はこんな感じになっている。

このプレデター、割と安定性高いんですが、それを支えているのがこの部品だと思います。
多分金属なんじゃねーかな。

これのおかげで見た目とは裏腹にかなりしっかり自立してくれますね。

可動はこんな感じ

概ね動いてほしいところは動きますし、割と保持力もある(俺のプレデターは左ひじの関節が弱いけれども)んですが…

これ股関節に回転軸しかないんですよねぇ。

なのであまり動きはつけられません。
かっこよくて自立するポーズ取らせようとするとちょっと難儀します。

このでかさで自立させるための処置なんじゃないかな、とは思いますが…ここら辺はどうにかしてほしかったかも。
メーカー違いますがゲッター1みたいなのもあるわけですし。

お次は付属品のご紹介ですよ。

ショルダー・プラズマキャノン&交換手首

img_1727r
付属品は2個。

img_1729r
img_1730r
その1、右手用交換手首。

img_1750r
多分こんな感じで使います。

左腕のコンピューターガントレットを操作してるっぽい感じにしたんだと思いますが…まったく届かねぇという。

指さしとかにも使えるんでまぁいいかな、と思いますがファン的にはちょっとがっかりするかもしれないなぁ。

img_1731r
img_1732r
その2、ショルダー・プラズマキャノン。

img_1760
img_1761
肩のダボにはめて装備します。

img_1762
発射形態。

なかなかかっこいいですね、これ。
動きも特に遮りませんし。

ただこれほぼ乗せてるだけなので簡単に外れます。
もうちょい固くはまってもよかったよーな気がしないでもない。

1/12とのサイズ比較

img_1765
毎度おなじみカスタムリリィType-Bを置いてみました。

img_1766r
プレデターにピント合わせるとこんな感じ。

めっちゃでかいです。
ナイフ・ヘッドくらいは余裕でありますかね。

そして早速ブンドド!
このために買ったんだもんよ!!

1/12でブンドド!

img_1770r
img_1774r
img_1837
このサイズ感、素晴らしいですねぇ。

股下バイク乗った子くぐらせることができる、とかこれならではだと思いますわ。
ナイフ・ヘッドだとスタンドあるし、そこまで余裕なかったからな…

img_1847r
3人同時攻撃!な感じで〆。

というわけで1/4スケールアクションフィギュア プレデター 1987 ジャングルハンター・プレデターのレビューでした。

何がいいってやっぱ自立できるところですね。

股関節の作りのせいで動きはかなり制限されますが、足の重りのおかげで割とポーズつけることはできますし。

見た目もなかなか凶悪でよくできてるので、ギガント級HUGEとして使ってみるとか面白いかなぁ、と思いますよ。

これの他の種類のエイリアンとかプレデターとかもあるので、気になった人は是非。
というかこのサイズのエイリアンは普通に買うかもしれんな、俺。

因みに豆魚雷というショッピングサイトでえらい安く手に入れました。
今もセールやってるかもしれないので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


Amazonへのリンクはこちらです。

定価2万とかするのよね、これ。
まぁわかりますけども。


ゴートプレデター&エイリアン。

マスクの中があるプレデターとかもいるみたいなので、そっちも機会があったら入手したいなぁ、とか。



スポンサーリンク

「NECA(ネカ) 1/4スケールアクションフィギュア プレデター 1987 ジャングルハンター・プレデター レビュー」への2件のフィードバック

  1. ショルダーキャノンはカチッとはまる凹みがあるのではめると簡単には取れなくなりますよ。

    1. >匿名さん
      コメントありがとうございますm(_ _)m
      窪みって前にあるやつですかね?うちのはそこにはめても取れちゃいますね…

      個体差があったりするんですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。