nanoblock オオフラミンゴ レビュー

とにかく強烈なまでのどピンク!

ピンクの細かいパーツも結構入ってるので、1個あったら結構便利なセットだと思いましたよ。

というわけで今回はnanoblocknanoblockより、
nanoblock オオフラミンゴnanoblock オオフラミンゴ
をレビューしますよ。

オオフラミンゴが好きな人、というよりかはピンクが欲しいという人にお勧めしたくなるセットですね。

ピンクはこれあれば大体間に合う気がしますしw


・箱
nanoblock オオフラミンゴ3
表はこんな感じ。
ほとんどピンクですねw

nanoblock オオフラミンゴ2
説明文をアップで。

片足で立つのは水で体温を奪われるのを防ぐ、という意味があったんですね。
素直に水から離れるとかじゃダメなん?

ピース数は110ピースオーバー、難易度は3だそうです。
何気にミニコレクションシリーズで難易度3はめずらしいですね。
大抵1とか2ですし。

今まで作った中では、鎌倉の大仏とか難易度3でしたけども。
首とか足とか微妙にストレスが溜まる箇所があるからですかね。
(個人的にはナノブロックは難易度=ストレスの溜まりやすさだと思っていますよ)

・中身
nanoblock オオフラミンゴ4
中身はこんな感じ。

説明書は安心の3D、地味にクリアブルーのプレートが入っていたりします。

何気に奇数のパーツも入ってたりして、本当パーツ取りにいいと思うんですよね・・・鳥だけに。
ああ、すいません石投げないで!

ちょっと首とか足とか崩壊しましたが、サラサラサラッと作成。
多分15分位?

・完成!
nanoblock オオフラミンゴ5
水辺に優雅に立つフラミンゴの完成です!

nanoblock オオフラミンゴ7
nanoblock オオフラミンゴ1
nanoblock オオフラミンゴ8
くるくるっと。

あれですね、縦に長いせいかより薄い感じがしますね。
マガモベニコンゴウインコと一番厚いところは同じなんですが、より薄く見える気がするなぁ。

nanoblock オオフラミンゴ9
なんとなくナイルワニと絡ませてみた。

これ現実でこの状態になったらオオフラミンゴは生きた心地しないでしょうねw

ナイルワニは横に長いのでその比較になれば、と思ったんですが・・・期せずして弱肉強食を表現してしまった。

・あまりパーツ
nanoblock オオフラミンゴ11
余りパーツはこんな感じです。

真ん中ポッチ付きとかも入ってますし、本当にこれ便利。
1×1が入ってないのが残念ですかねぇ。
あと1×4もあってくれても良かったな(確か入ってなかったはず)。

nanoblock オオフラミンゴ6
イヒヒッって感じの写真で〆!

なんとなくベニコンゴウインコと同じ香りを感じるなぁ、このフラミンゴ。

というわけでオオフラミンゴのレビューでした。
何がこのセットの売りってやっぱピンクだと思うんですよ!

差し色とかほっぺの色とか髪の色とかにも結構使える割に、まとまって手に入らない色だと思うので。
オリジナルSDとか作る人に特におすすめですねぇ。
しばらくラインナップに残ってくれることを祈る!


Amazonへのリンクはこちらです。
しばらく普通に買えるといいなぁ。


次回こそは多分レビューする・・・と思う!
SDカードを事務所に置いてきちゃったのよねorz



スポンサーリンク

「nanoblock オオフラミンゴ レビュー」への2件のフィードバック

  1. 以前はピンクの部品取りといえばブタだったんですが、
    廃盤になってしまいましたからねぇ。

  2. >shinanomuraさん
    ブタさんとかもあったんですね!
    これには1×1ブロックとか入ってたんですね。
    ブタの代わりにこれが来たんですかねぇ。
    一緒にあってくれてもいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。