ナノブロック ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド) レビュー

今後出るとは思えない、ロボットの顔面ですよ、顔面!

というわけで今回はヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルナノブロックシリーズヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルナノブロックシリーズから、ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド) をレビューしますよ。

エヴァンゲリオンはリアル世代ですが、まさかナノブロックで顔面が出るとは思わなかったなぁ・・・

レゴも含めても今までにはない製品(ロボットの顔面だけ、なんてブロック玩具で出たことないし)という事もあり、難易度は高めですがなかなか作りごたえがありましたよ。


・箱
ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)1
どでかい顔のアップ。

箱の時点でかなりインパクトありますよね、これ。
紫のブロックってのもビルダー的にはかなり惹かれます。

ピース数はover500ピースという事を考えると、値段は高めの設定ですね。
版権が高いのはどこも一緒か。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)2
箱裏はこんな感じ。
説明文はナノブロックの説明であって、エヴァの説明じゃないですよ。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)3
エヴァのロゴマークとかも貼ってあります。
初号機のドアップですね。

・中身
ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)4
ブロックの袋が数種類と、インストが1枚。

量の割には細かく分割されてますね。
作りやすかったけども。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)5
説明書のアップ。

下あご以外は2Dタイプですね。
結構いい金取ってるんだし、3Dにしましょうよ。
それでは早速作っていきましょう。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)6
台座。

微妙に開いてる隙間がおしゃれ。
説明書冒頭に「2,3の作業を2回繰り返します」と書かれていたときはちょっと驚きましたが。

冒頭でわかるだけ親切だと思いますけども。
(レゴの場合、終盤に×2とか書いてあることが多いです。大量の工程を経た後にこれを見たときの絶望感は異常)

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)7
首の部分。

回転したりとかそういったギミックはないですね。
あってくれるとうれしいんだけど、ナノブロックでそれやったら強度がヤバいことになるでしょうなぁ。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)8
下あごをつけたところ。

赤い部分はクリアレッドになってます。
クリアでもいいんだけど、赤の方が劇中イメージ(つーてもテレビしか知りませんが)に近いかも。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)9
頭をつけたところ。
後は後ろのヘッドガードだけなので、この時点でほぼ完成してますかね。

ヘッドガードをつけて、完成です!

・完成!
ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)10
ブロックの積層だけでこれほどリアルなもんができるとは!
紫のブロックがまぶしいね!!

ナノブロックの1×3とか2×2のブロックは、裏側がレゴのようにポッチごとに完全に区切られておらず、ある程度左右に移動できるんですが、その特性をフルに活用してシャープな印象を作っていますね。
(角がついてる辺りはこの作りを使って造型されてるんですが、なかなか変態的でいい感じ)

ちなみに露出の関係でちょっと白く映ってますが、実際の紫はもうちょっと暗い感じですよ。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)11
正面から。
案外厚みはないもんですね。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)12
横から。

拘束具の下の頭の形状が何となくわかりますね。
こういうところも結構リアルなんだよね、これ。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)13
後ろ。
曲面がメインのロボットヘッドってのも珍しいですよねぇ。

エヴァそのものが曲面に重点を置いたデザインではありますが。
そんなこともあって、俺の中ではエヴァンゲリオンはロボットじゃなくて人造人間カテゴリなんですけど、まぁそれはサンライズ大好きなロボットオタクの戯言なんでここでは捨て置きますが。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)15
上から。
あんまり見る機会もないだろう、と思ったので撮ってみましたw

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)14
エヴァ初号機といったら暴走でしょう!という事で、口がパカッと開きますよ。

キレやすい若者・・・いや若者ってわけではないのは知ってますが
このギミックは、ポールジョイントブロックを埋め込むことで再現されてます。

nanoblock BASIC SETnanoblock BASIC SETとかにいっぱい入ってますね。
ナノブロックもこういうブロックが増えていくんですかねぇ。

・あまりパーツ
ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)16
分かりづらいですが、余りはこんな感じになります。
あんまり紫のブロックが余るようにはできてないのが残念。

ヱヴァンゲリヲン初号機(ヘッド)17
キレちまったぜ、久しぶりによ・・・的な感じの写真で〆!

というわけでエヴァンゲリオン初号機(ヘッド)のレビューでした。

実は劇場版まだ一回も見てないんですが、
「ロボットの顔面像なんてこれ逃したら買えないかもしれん!」
と思ったので買っちゃいました!!

テレビ版は全話見てるんで、そのイメージで語りますが結構忠実に再現されてるんじゃないか、と思いましたね。

ただでさえ曲面ってブロック玩具で作るの難しいのに、このクオリティは結構凄いと思いました。
特徴を押さえているという事もあって、普通にそれだってわかりますし。

作り的には情景シリーズやキャラものとはまた違った歯ごたえがあって非常に楽しめましたね~。

ブロック玩具好きな人にはかなり楽しめると思います。
(説明書が超見づらいですが)

ナノブロックビルダー的には、紫のブロックが出た、という点でも価値がありますね。

レゴにしろこれにしろ、こういう色ってなかなかでないんですよねぇ。
お値段は高めですが、これ多分劇場版終わったら買えなくなると思うんで、気になってる人はある内のゲットを推奨です!


Amazonへのリンクはこちらです。
2012/11/3現在、品切れみたいですがその内入荷するんじゃないかなぁ。


その他のエヴァシリーズ。

ペンペンとか意外に人気ありそうだよなぁ。
そーいやみやむ~って今オーストラリアに住んでるんですよね、というかなりどうでもいい中の人情報。


ダイヤブロックですが、全身像も出てますよ。
このシリーズって前アーマードコアなかったっけか。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。