ユニコーンガンダム製作記その3。

ユニコーンガンダムNT-D、クリックブリックお台場VF店にて展示中!
と、いうわけでユニコーンガンダム製作記、その3です。

今回は仕上げ工程について書こうと思いますよ。
その1はこちらから、
その2はこちらからどうぞ。


・と、その前に
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
クリックブリック・オリジナルモデルコンテストにはサイズの規定があります。

縦20ポッチ、横20ポッチ、高さ30センチ内に作品を納めなければならないのです。

センチに直すと、16センチ×16センチ×30センチといったところでしょうか。

ユニコーンガンダム9
サイズ比較に500mlペットボトルを置いてみました。
ご覧のように、これがまた結構小さいんですね~(汗)

しかもユニコーンガンダムを作り始めた当初はこのサイズに収める気なんてさらっさらなかったもんですから、横幅をこのサイズに収めるのにむちゃくちゃ苦労しました。

ガンダムって結構肩幅あるんですよね、これがorz
仕上げに入る前に、サイズ調整を施した時の写真がこちらです↓

ユニコーンガンダム10
斜めってます。
16センチに収めるのは無理でした!

対角線の長さに収めるのが限界だったのですorz
肩アーマーと腕の装甲を、なるべくオリジナルに近づけつつ、サイズダウンさせました。

肩アーマーには
・左右のスロープをタイルに変更
・ウェッジを胴体側に移動
・ウェッジの枚数を減少
といった改造を施しました。

腕の装甲は2×2スロープをメインに組んでいたものを、プレートメインの組み方に変更しました。

そのあとで、
・腰サイドアーマーの作成
・バックパックの作成
・脚後ろのスラスターの作成
を行いました。

バックパックも最終的にはかなり変わりましたね(汗)
脚の部分は結構余裕があったので、当初からあまり変わってないです。

・仕上げの表面処理
一応つけたい部品は武器以外全部できたので、仕上げに入ります。

表面処理とかいってますが、ようはポッチにタイルを張って隠すだけですw
ブロックの平積みメインで組むと必然的にポッチは隠れるんですが、今回、下半身はブロックをプレートではさんで作った箇所が多かったので、結構大変でした。

一通り張り終わった写真がこちらです↓

ユニコーンガンダム11
構造的に無理、というところ以外は極力ポッチを隠してみました。

タイルを張ると、地味に全体のボリュームが増えますんで、
そこら辺は注意ですかね。
タイル張りながらちまちま修正してました(汗)

IMG_1261
後ろから見るとこんな感じです。

何気に展示中は一番見えない部分ですw
腰のアーマーは全部同じ高さでつけたかったんですが、サイドが微妙にずれてるかなぁ。

腰のアーマーは全部クリップでつけてます。
保持力よりも可動の自由度が必要な部分は、クリップの方が便利ですねぇ。

自由度も欲しいけど、保持力もほしい、でもスペースがない!って時は、 パーツを挟み込むように組む事で解決できる事もありますよ。

ビームサーベルはバックパックに生えてるやつと腕に装着しているやつは、 同じ作りにしてみました。
ちょっとしたこだわりポイントですねw

支えがなくても一応自立はできるんですが、結構な振動にさらされる事が予想できたんで、支えをつけてます。

最終的には土台の左右に段差を設け、より安定して立てるようにしてみました。

ユニコーンガンダム14
ビームマグナム装備。

武器をどう持たせるかな~というのは結構悩んだのですが、 スペース的に左腕に持たせる以外余裕がなさそうだったので、このような形で装備させてみました。

持ち手にヘッドランプブロックを使って、その中に指をさしてます。

ライフルが支えになってくれればいいな、という思惑もあったので、
銃身は中に棒パーツを通して強度を補強してますw

タイルを張りながら、形状もちまちまと変更させてたんですが、腰のフロントアーマーは結構変りましたね。

全体的にボリュームダウンしたんで、 下の部分にあった逆スロープを取り外し、 タイルで枠を囲むような形に変更しました。

部品の調整は結構最後までやってましたね~。
1点保持の部分が結構多いので、外れないように例えばウェッジの間の穴を利用したり、ブロック同士のすり合わせで止めるようにしたりと
色々とやったような気がしますよ。

コンテストに提出したものは、背景を作った上で、ここからさらに形状変更を加えてます。

最終的にはどうなったのか、是非会場でご確認くださいw
以上、ユニコーンガンダム製作記でした。

製作途中で撮った写真を元にしてるので、あまり細かい部分までは説明できてないですね、すいません(汗)
実際どんな作りになってるんだ、って事はコンテストから戻ってきてから
じっくりとやりたいと思います。

何か質問等ございましたら、お気軽にコメントしてくださいませ。

・ユニコーンガンダム関連の記事
・ユニコーンガンダム製作記その1。
・ユニコーンガンダム製作記その2。
・ユニコーンガンダムNT-D。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。