ユニコーンガンダム製作記その2。

ユニコーンガンダムNT-D
お台場VFのクリックブリックにてオリジナルモデルコンテスト出品中!

というわけで、前回の続きですよ。
今回は仕上げの前工程まで書こうと思います。


・ダミー腕と肩作成
ユニコーンガンダム5
肩を作るにあたって、腕があった方が作業しやすいかな、
と思ったので、ダミーの腕をつけてみました。

私は設計図とか書かない(正確にはかけないorz)ので、こんな感じにダミーの部品をとりあえず作って、 バランスを調整、みたいな感じで作ってます。

この方法の欠点は時間がかかるってことだと思いますが、今の所これが一番しっくりきてるかなぁ。

肩はブロックを下から積み上げて作ってます。
ウェッジプレートは白の片側面にポッチがあるやつで貼り付けてます。

これ作った時に大量に買ったので、足りなくなるって事はなかったんですが、 結構この部品使ってますねぇ。

肩と胴体の接合にはクリップを使ってますが、そうした理由はヒンジだと両方を1×2でくっつける事が難しいからです。

出来なくはないんですが、パーツ的にもレアだし、クリアランスないしで
結構大変になるんですよね、これが。

保持力を肩に持たせたいって場合はヒンジかポールジョイント使いますが、 腕パーツで肩装甲を支える場合はクリップでも問題ないかなぁ、と思います。

サイコフレーム(赤い部分)は全て赤のクリアプレートで出来てます。
ブロックよりもそれっぽさが出るかな、と思いましてw

・下腕部作成
ユニコーンガンダム6
次に下腕部を作りました。

下腕部正面、ポチスロが上下反転してくっついてる部分があるのですが、 これは裏にテクニックの1×2リフトアーム使ってつけてますw

「武器を持たせたい」、という構想もこの時点であったので、
指はエクソフォースの敵ロボットミニフィグの指(テクニックのわっかになってるやつ) を使ってます。

これで作ると、例えばヘッドライトブロックの穴とかを持ち手に仕込むと、 結構保持してくれるので、武器を持たせる腕を作る時は大抵これ使ってますね。

ミニフィグの指をロボットの指にする方法もありますが、それだと細い指が作れる反面、武器の保持がめんどくさくなるので今回はパス。

親指の部分は蛇口のパーツを使ってます。
これだと腕と指をつける時に、1×1垂直クリップで簡単につけられるので、 結構重宝してますね。

・両腕両足完成
IMG_1245
いきなり作業が進んでおりますが(汗)

腕の変更点は
・肘関節をT字バーと4方向ブロックのものに変更
・ビームラックを装着

ヒンジパーツで肘関節を作ると、腕が長すぎたので、省スペース化するためにT字バーを利用した関節にとっかえました。
最初これやらなかったのは、武器の保持が怪しくなるためです(汗)

最終的には何とかなりましたが、肘関節はもっといい機構を考える必要がありますね。

脚の変更点は
・膝装甲追加
・脛装甲追加
・足パーツを整形

ユニコーンガンダムのあのにょきっとでてるサイコフレーム部分を
表現するため、色々といじくりました。
今回は両側面にポッチがあるタイプのブロックを使ってます。

このクリア部分、ひとつながりになってるように見えますが、膝の上装甲つけるために、途中でぶったぎってあります(汗)

上装甲は白の側面水平ポッチ二個付きプレートを使って作ってます。
これと両方向ポッチのブロックは左右対称のものを作る時に、使い勝手が非常に良いので、特にロボットビルドにお勧めです。

足はなるべくスマートになるように作りましたが、接地面が少ない分、結構不安定になるという欠点が(汗)

このくらいの大きさなら全然余裕なんですが、もうちょっと大きくなると足裏面を広げるようにしないと、足が勝手に開いちゃって立たない、という悲劇に見舞われる可能性がありますね。

脛装甲はとにかく干渉しなけりゃいいや、てな感じで作ってますかね。
ヒンジプレートを裏に仕込んで、角度を出せるようにしてあります。

胴体部分は上部分にパーツを追加しただけですかね。
胸のサイコフレームの上部分の覆いは、クリップの1点保持で無理やりつけてます。

これやるためにサイドにウェッジ入れてるんですよね(汗)

・下からみてみました
ユニコーンガンダム8
被写体は直前の写真と同じものですが、おもいっきりあおって撮ってみました。

ロボットとか建物とかは下から撮ると、結構迫力ある感じに写るなぁ、というのが経験則w

こういう立体物って角度によって見え方が全然違っちゃったりするので、ある程度出来たらいろんな角度から写真を撮ってみるってのも大切かなぁ、 と思ってます。

普段は正面とあおりと横くらいは撮ってますかね。
この時点で「こいつを出品しよう!」と決めたので、色々撮り始めてます。

とりあえず全身は出来ましたが、
こっから先が大変だったりするんですよ!
という所で、次回に続きますよ。

「ここどうなってんだか分からないよ!」とかありましたら、
コメントに残してくださると嬉しいです。
可能な限りお答えしていこうと思いますので。



スポンサーリンク

「ユニコーンガンダム製作記その2。」への2件のフィードバック

  1. 実物を見てきました♪
    予想以上に大きく重厚感があって驚きました!!
    もっと色んなポーズでも拝見したいと思いました。

  2. >キシティ♪さん
    ありがとうございます!
    もうサイズギリギリでした(汗)
    >重厚感
    マッシブな感じを出そう!と思いながら作ったので、
    そういっていただけると嬉しいです。
    >可動
    強度とサイズ的問題から、可動部分はかなり少なくなってるので、
    ちょっと動かすのは難しいかも。
    展示から帰ってきたら、可動部を追加する予定なんですが(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。