レゴの作製に役立つ書籍(基本編)

GW特別企画!(一応)

今年のGWは旅行とかに行く人が少ない、という話を聞きまして、
きっと例年よりもレゴをやってる人が増えてるんじゃないか、と思ったんですね。

そんなビルダーの皆様に役立つ書籍のご紹介とかをしてみようじゃないか!というのが今回の企画の趣旨でございます。

主にオリジナルモデルの作成に役立つ書籍を、ジャンルごとに3日位に分けてご紹介しようかな、と思っております。

本日は基本編、というわけで「何を作るにしても役に立つ!」というのをご紹介しようと思いますよ。


・つくって遊ぶブロック玩具つくって遊ぶブロック玩具

つい最近に出た本ですが、これから紹介するすべての本の中でも、最も役に立つ! といっても過言ではない良著です。

なにがいいってこの本、オリジナルモデルのつくり方が載ってます!

数はあまり多くないですが、
・車
・家
・動物
・ロボット
上記4種類の小さ目のオリジナルモデルのつくり方が、レゴのインストのような感じで掲載されております。

他の作例もレベルが高く、簡易撮影ブースのつくり方や、簡単なイラスト加工についても触れられています。

「オリジナルモデルを作ってみたいけど、どんなふうにやればいいのかわからない」
そんなあなたにお勧めの一品です!!

・創作アイデアの玉手箱ブロック玩具で遊ぼう!!創作アイデアの玉手箱ブロック玩具で遊ぼう!!

アマチュアビルダーの作例を載せて、本にするという試みを最初に行った書籍です。

いろいろな作品が掲載されていますが、ロボットが多めですね。
ブロックの使い方や、パーツリストも掲載されています。

特に冒頭の「ブロックの組み方 基礎知識編」は初心者必見。
入門書としては上の「つくって遊ぶブロック玩具」よりもよくできていると思います。

ただこちらにはつくり方が載っていないので、即戦力という意味では劣るかな、と。

・創作アイデアの玉手箱 続・ブロック玩具で遊ぼう!!創作アイデアの玉手箱 続・ブロック玩具で遊ぼう!!

タイトル通り、「創作アイデアの玉手箱ブロック玩具で遊ぼう!!」の続編です。

純粋に続編、という感じのつくりになっているので、
創作アイデアの玉手箱ブロック玩具で遊ぼう!!創作アイデアの玉手箱ブロック玩具で遊ぼう!!を購入した後に購入されるのが良いかと思います。

内容はアマチュアビルダーの作品紹介はもちろんの事、オリジナルビルドに使えるアイディアが一杯入ってます。

ちなみに可変ロボの作例が変形機構も含めて詳しく載っているので、
それ目当ての人には最適な書籍だと思います。

今回は何を作るにしても役に立つと思う書籍3つを紹介してみました。
この3つは本当におすすめなので、まだ買っていないという方は是非!
次回更新は建物系に役に立つ書籍類を紹介しようかと思いますよ。

・関連記事
書籍(建物編)



スポンサーリンク

「レゴの作製に役立つ書籍(基本編)」への2件のフィードバック

  1. どうも、暑い夏が続きますが、いかがお過ごしですか?
    私も『つくって遊ぶブロック玩具』買ってみましたよー。
    ミニビーグル・ミニタウン・ミニロボットかわいいです。ほかにも緻密な恐竜とかフィギュアとか、レゴの作品写真集としても楽しめますね。
     あと、付属のミニビーグル等が組めるレゴセットを梱包してくれてたら、パーフェクトだったのに・・・。って、そりゃ完全なレゴ商品か・・・。
     しかし「バケツ」セットでは、あまり「濃い」作品ができないと知って、びっくりいたしました。
     なるほど、ビルダーさんたちも「魔術師」じゃないんですね。
     というか、うちもメカニックのオフロードにほろをつけたり、メカニックのバイクに、ディティールをつけたりしているんですが・・・・。
     確かに、バイクのメーター、バックミラー、方向指示灯、ボディ後部の造詣などは、バケツのような板パーツでは無理っぽそうですね。
     てつじんさま、そしてこの本でも、どうして「クリエーター」シリーズにこだわるのか、理由が分かったような気がします。
     だけど、この本だけではよく分かったような分からんような・・・。私には、そこまでのレベルの組み換えは無理だな、と思っておりましたら・・・結構できるもんですね。
     たとえばオフローダーにロールバーをつけたい。バイクにラジエーター等、作りこみをしたい、というときに、手が勝手に動くというか、これはこうでメーターにできる、とか、自然にできちゃうものなんですね。
     本で得た知識・・・見立てとか積分とかのテクが、肉体を通じて分かったような気がいたします。
     それにしても、メカニックのモーターバイク、パーツが結構あまっていいですね。熟練ビルダー様から見たら、本当にささやかでつたない改造なのですが、おかげで、自分が気になったところが大体作りこめて満足しております。
     このように、頭さえ使えば、特別な工具も、手を汚すこともなく、いじれるのがレゴの醍醐味なんだなー、と実感。
     ひょっとしたら、全バラシして、ロボにも組み替え可能なのかしら、と思いつつ・・・。
    しかし、レゴってパーツそろえるのだけで一苦労ですね。だけど、そこにコレクションの楽しみもありますよね。
    それでは、暑い日が続きますが、どうぞお体ご自愛ください。
     

  2. >r-9さん
    18日くらいまではこんな感じらしいですorz
    早く秋にならないかなぁ・・・
    > 私も『つくって遊ぶブロック玩具』買ってみましたよー。
    おお、ついにそこまでいかれましたか!w
    あの本は本当に良い出来だと思います。
    すぐに実践できるテクニックが入ってるのもいいですよねw
    ちなみにこの本、大人の事情でタイトルにレゴって書けなかったらしいです。
    レゴセットがついてたら本当に良かったんですけど、いろいろあるみたいですよ(汗)
    バケツですが、基本ブロックメインなので濃ゆい作品を作るには、
    どーしてもボリューム不足感が否めないんですよねぇ。
    (基本ブロックメインでもデカけりゃリアルなのできますが)
    強度完全に無視すれば、可動ロボット作るくらいは出来ますが・・・
    ディティールをつける、という方向でいくと、やっぱりクリエーターに入ってるような
    特殊形状ブロックメインになりがちですね。
    私がクリエーターメインでやってるのも、お察しの通りな理由です(汗)
    しかしもう組換えまでやられてるとは!
    結構セットのやつを買ってそのまま、という人も多いですのに、素晴らしいです!
    人によっては見立てが苦手な人もいますし(私とか)、
    冗談抜きで才能をお持ちなのでは、と思いますよ!
    テクニックのモーターバイクは持ってないので、組換えでロボができるか、と言われると
    確かなことは言えないのですが、あのサイズなら頭がどうにかなれば何とかなるかもな~と思いますね。
    最低限、頭と胴体と腕あればロボットっぽいものになりますしw
    テクニックの場合、下手に可動仕込むとプラプラしちゃうと思いますので、
    そこらへんも工夫が必要になるかもしれませんけども。
    ちょっと挑戦してみましょうかねぇ。テクニックの組換えでロボ作ったことないですが、
    案外面白いかも・・・
    >  このように、頭さえ使えば、特別な工具も、手を汚すこともなく、いじれるのがレゴの醍醐味なんだなー、と実感。
    そう、そこなんですよ!
    「手軽にできるプラモデル」的な方向性でもレゴは十分、需要があると思うんですよね。
    そういう方面でもっとアピールできないかなぁ、と考えているんですが、中々・・・orz
    レゴほどいろんな形状があるブロック玩具はないですからねぇ。
    それが思い通りに作る際の足かせになったりしますが、それもまた楽しいですしw
    ロボット作るとしたら、クリップとかヒンジとかポールジョイントとかそこら辺が
    多いセットを狙ってみるとよいと思いますよ。
    クリエーターとか、スターウォーズ(版権故に高めですが)、アトランティス辺りがお勧めです。
    しばらくは暑い日が続きそうですが、隊長にはお気をつけて。
    早く涼しくなるといいですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。