アサルトリリィ 石川葵 レビュー(AK-GARDEN7先行発売分)

実は月末にまったくおなじ人がもう1人来る!
でも先行発売なんて目にしちゃったら買うしかないじゃない!
予約開始時点では先行発売されるなんて情報はなかったんや…

AK-GARDEN7お疲れ様でした~。
俺は遅く入ってさっさと離脱しちゃいましたが、相変わらず素体から小物まで色々あって面白いイベントだなぁ、と。

というわけで今回はアサルトリリィアサルトリリィより、

1/12 アサルトリリィシリーズ No.007 石川葵1/12 アサルトリリィシリーズ No.007 石川葵
をレビューしますよ。

会場で売ってた先行発売分のレビューになります。

今までは一応ブロックトイ系はこっちで、こういうドールとかフィギュアとかはあっちでやってましたが実際に分けてみた結果、
あっちを更新するときはこっちを更新しなくなり、こっちを更新するときはあっちを更新しないという状態になることがわかったので、一緒にしちゃってもまぁいいや、と。

客層がまったくかぶらないかと思いましたが、実はそーでもないみたいですし。
一番の問題はブログを複数管理するのが面倒くさいという個人的理由。

アサルトリリィは実は全シリーズフルコンプしてますが、今回のはプレイバリューが今まで以上に高く、製品としてレベルが上がってるなぁ、と思いましたよ。

個人的にはついにあれが付属したのがうれしかったなぁ、と。
いやまぁ素直に喜べなかったりもするんだが。

・箱
IMG_5653
表はこんな感じ。

ここはいつもと変わらない感じですかね。
今までのレビューはここら辺をご参照ください。

IMG_5656
IMG_5655
IMG_5654
くるくるくるっと。

今までの物に比べると微妙に豪華になってる気がしますかね。
パッケージ見れば中身が大体わかるようになったのはよいことだと思います。

・中身
IMG_5657
パカッと箱を開けるとこんな感じになります。

本体と付属品が色々。

IMG_5659
箱の中の紙は説明書になってます。

今回は付属品一覧に加え、一通りの服の着せ替えの仕方とかチャームの変形とか結構細かいところまで書いてあるので、
ドール初心者の人にも優しい仕様になってるんじゃーないかと。

新しいのが出るたんびにユーザーフレンドリーな内容になってますね。
最初の頃はチャームの変形の仕方しか書いてなかったんですよねぇ。

IMG_5658
カード&冊子。

前回から冊子はそのキャラのプロフィール的なものの説明になりましたが、今回も葵のプロフィールが載ってます。

これも最初期の頃は世界観の説明だけで、2人とも同じのだったからなぁ。
そろそろ最初の2人リニューアルするのもありだと思うの。

IMG_5660
箱の裏側に引っ付いてる付属品色々。

今回何がいいって、ついに戦闘装束にした時用の手首差分がつきました!

今まで武器持ち手になってる右手と平手の左手しかなかったんで、表情がつけづらかったんですよねぇ。

これがついたってのが個人的には一番うれしいです。
いやまぁちょっと問題はあるんだけども。

そいでは早速出してみましょうか。

・本体
IMG_5661
石川葵本体、正面から。

IMG_5662r
IMG_5663
くるくるっと。

制服バージョンの状態で商品に入ってます。
ちなみに今回ローファーはついてないですよ。

個人的にはアサルトリリィの売りのひとつとして、布服の出来がいい、というのがあると思うのです。

なのでじっくりねっとり観ていきますよ、と。

IMG_5677r
ピース、とかしてみたり。

やはり制服の出来がいいですよねぇ、というわけで差分手首の紹介も兼ねてアップで。

ちなみにこの商品、ピコニーモ 手首セットA 白肌がそのままついてるんで、手首セットをかわずともすぐ遊べるというこれまたユーザーフレンドリーな仕様です。
某DDなんて手首1組で結構いい値段とるからなぁ…

IMG_5680r
チャームを装備!

手首セットには武器持ち手がついてくるので、このように非戦闘状態でも武器を装備できます。

太さの関係上、銀色のジョイントの部分を持つ感じになるので、両方とも一応もてます。

IMG_5664
IMG_5665
制服の左右の肩には違うデザインのステッカー(デカール?)がついてます。

これは前回の2人(同じ学校所属という設定の1/12 アサルトリリィシリーズ 005 片倉 紫苑1/12 アサルトリリィシリーズ 005 片倉 紫苑1/12 アサルトリリィシリーズ 006 伊達 降瑠1/12 アサルトリリィシリーズ 006 伊達 降瑠)にもついてなかった部分ですね。

夏服と冬服の違いでしょうか。
それとも毎年デザイン変わるのか、この高校。
あれ、葵と降瑠って学年一緒じゃなかったっけか。

IMG_5667r
腰周りにはポーチ(実際に物を収納することは出来ません)がついてます。

ちなみにこのポーチですが…

IMG_5669
真ん中のフックをはずすことで、実際にはずせます。

人間の服と同じことがこのサイズで出来るってのがすげぇなぁ、と。
ただこのフック、何回も脱着繰り返したら折れそうな気はします。

IMG_5671
上着の後ろにはポケットっぽいものが。

これまた実際に使うことは出来ませんが、細かいところまで作りこまれてるなぁ、と。
ポーチつけてるとここ隠れちゃうんですよね。

IMG_5672
ちなみにパンツは縞々です。

いやこの子スカートの丈が異様に短いんで、ちょっとアングル下げると見えちゃうんですよ・・・

今までは確か1色だったと思いますが、こういうところでも手を抜かないその姿勢はすばらしいな、と。

ちなみにドールなんで下着も布製ですよ。
フィギュアのような塗装とは違うのだよ!

IMG_5697r
パンツ見えちゃうついでにご紹介。

今回はブーツの底にもディティールが入ってます。
今まではスポンジっぽいまったいらな感じだったんですが、本当にいろんなところがレベルアップしてますねぇ、今回。

IMG_5681
IMG_5685
IMG_5686
表情はノーマルの他に2種類。

睨み顔と呆れ顔?がついてます。
睨みは目線が左、呆れは右に流れてます。
多分次のヤツは左右が逆なんじゃねーかな…

ちなみにこの子、ほっぺがちょっとふくらみ気味です。
今までのに比べてもちょっと幼い感じがするでしょうか。

写真だとそんなにわからない感じなんですけどね。

IMG_5682
顔を変えるシーン。

顔はこんな感じで前髪はずして変える、というよくあるパティーンになります。

IMG_5683
前髪アップ。

みづらいですが、接合する部分の上の方が引っかかるようになっており、簡単には外れないようになってます。
ここも今回の改善点って事になりますかね?

IMG_5688
ちょっと気になった部分。

わかりづらいですが、顔の横の方に青い塗料がついてます。
全ての顔についてましたが、多分髪の塗料がついてるんだと思うんですよねぇ。

前髪つけちゃうとあんまり目立ちませんが、気になる人はガンダムマーカーとかで落とした方がいいかも。

IMG_5690r
IMG_5691
ポニテはこんな感じに可動しますよ。

一応上下に動けるようになってるみたいですが、頭と干渉しちゃうんであまり上には動きません。
あと結構ポロリしやすい部分でもあるので、動かすときは注意ですよ。

アサルトリリィといえば戦闘装束、というわけでお次はブンドド交えつつ戦闘装束のご紹介です!

・小ネタ劇場
IMG_5692
「私陽気なダーイカーイジーン!」

ちなみにこいつはアッセンブルボーグのドゥームダイバーです。
アッセの他の敵はたっぱがちょっと小さいのよね…
アッセもブロックトイなんで、そのうち紹介するかも。

IMG_5693
「今日も元気に破壊活動を行いマース!」
「待ちなさい!」

IMG_5695

IMG_5694
「何ヤツ!」

IMG_5698
「問われて名乗るもおこがましいですが…相模女子高等学館1年、石川葵!」

IMG_5703
「これはこれは、蒼き皇女様!」

IMG_5702
「ここであったが百年目ぇ!貴女を紅く染めてご覧に入れましょう!!」
「やる気のところ申し訳ありませんが、初対面だと思うんですけど」

IMG_5704r
「でやぁっ!」
「おっと」

IMG_5707r
「行きますよ・・・戦闘装束装着!」

IMG_5709
まずは手をはずして…

ちなみにピコニーモの手首は軸が折れやすいので注意ですよ。
多分これ折れたら出すの相当大変。

IMG_5712
上着を脱がせて…

IMG_5714
チューブトップを着せます。

今回は制服と戦闘装束で相当印象変わりますね。
今までは制服の上着脱がせて戦闘装束とか、一部服足して戦闘装束とかでしたが、今回は上着丸ごととっかえですからねぇ。
まぁそれのおかげで上着の下に何もつけてないという破廉恥な状態になるわけですが、いいぞもっとやれ。

IMG_5713
ちなみに俺は肩関節と頭はずして上から着せました。

ピコニーモの肩は外れやすいんですよね。
ただこれやる場合は自己責任でお願いします。

IMG_5716
腕カバーと腰アーマーを装着し…

IMG_5717
腕輪と持ち手を装着!

IMG_5718
後ろにもわっかパーツをつけまして…

IMG_5719
前髪を相模原名物、猫耳モードに換装!

IMG_5722
チャームを持たせて完成です!

今回は両手で装備できるよ、すごいね!
といいたいところですが!!

DSC_0213
実は左持ち手はチャームの軸の太い部分が入りません!

右手は銃用の持ち手とこれと同じ持ち手がついてるんですが、そっちもとーぜんはいりません。
アタッチメントの銀色部分しかもてないとか魅力半減やん…

DSC_0216
というわけで左手の方は穴を広げて見ました。

結構広げましたが、以外に目立たないかな~と。
というわけでこれ以降は改造後の持ち手でお送りしますよ。

IMG_5728
「ダジボーグ、スヴァローグ、ガンモードッ!」

上がダジボーグ、下がスヴァローグですよ。

IMG_5727
IMG_5726

ダジボーグにはM.S.G モデリングサポートグッズ エフェクトパーツ01 マズルフラッシュ (塗装済みPVC製パーツ)M.S.G モデリングサポートグッズ エフェクトパーツ01 マズルフラッシュ (塗装済みPVC製パーツ)を、スヴァローグのほうにはリボルテックヴァッシュのエフェクトをつけてみました。

M.S.Gのエフェクトパーツはでかい方なら銃口に普通につけられる上に2個はいってるんで、これ1セットあれば便利ですね。
何故か1個しか見つからなかった。

IMG_5729
「チェンジ!」

IMG_5731r
「ソードモードッ!」

今回のチャームも差し替えなしで完全変形!
相変わらずチャームの出来いいよね、アサルトリリィ!!

IMG_5730
「はっ!」

IMG_5732
「でやっ!」
「アウチッ!!」

このエフェクトはオビツエフェクト No.1 ズサー ※レッドオビツエフェクト No.1 ズサー ※レッドです。

本来は斬激用エフェクトじゃないですが、こういう使い方もあるよってことで。

IMG_5733r
「参ります!チェンジパルチザン!」

IMG_5735r
「モードペルーン!」

今回のは三段目という事で、2つの武器が合体してバルチザンモードに!
長物ってかっこいいよね!!

IMG_5736
「雷神の名の下に、唸れペルーンッ!」

IMG_5738
フルバーストクラッシュ!
「ノーーーーッ!?」

IMG_5741r

IMG_5745r
「少々変わったヒュージでしたね・・・でも誰だったんでしょう」
(作中では一度も名乗ってない)

ちなみにこの炎は魂EFFECT BURNING FLAME RED Ver.魂EFFECT BURNING FLAME RED Ver.ですよ。
色々エフェクト持ってるので活用してみました。

というわけでアサルトリリィ 石川葵 AK-GARDEN7先行発売分のレビューでした。

アサルトリリィは新しいのが出るたびに進化してるな、と思いますが過去最高のプレイバリューを誇るんじゃないですかね、これ。

表情は3種類ついてますし、非戦闘、戦闘装束両方に差し替え用手首ついてますし、布服とチャームの出来は相変わらずいいですし。
今までの「あったらいいな~」が詰め込んであるかな、と。

反面その肝心の持ち手で武器が満足にもてない、という欠点もありますが。

あとブンドドやってるんで勘違いされるかもしれませんが、これアクションフィギュアじゃなくてアクションドールなんで、バランスは普通のアクションフィギュアと比べると相当とりづらいです!

基本的にスタンド使ってポーズ決めてますしね。
(フィギュアと違ってドールは自立できる作りにするものではないため。ピコニーモは可動はそれなりにいいんですが保持力がないのと足首関節がないため立たせづらいのです)

ピコニーモは欠点と改善策をまぁ一応知ってるので、そこをいじれば普通のアクションフィギュアクラスの可動と保持力を持たせることも出来ますが。
これ撮ってる最中も何度「全身改造したい」と思ったことか。

あとは値段ですかねぇ。

ドールとしてはかなり安いんですが、アクションフィギュアと同列に見るのはやはりつらいですかねぇ。

最近は付属品増えてきたんで、徐々に差が縮まってるかな、という気はしてますが。

今回の布服の出来は小物とかも含めて相当いいので、1/12ドール好きな人にはお勧めですね。

基本的にドールとしての出来は普通にいいと思います。
(顔の塗料がちと気になりますが)

説明書が充実してるので、ドール初心者にも最適!
初心者にも、最適ですよ!!
(大切なことなので2回言いました)

一般発売は11月末だと思いますが、全国のアゾン直販店さんの他ネットとかでも買えるんで興味のある方はぜひぜひ。


amazonへのリンクはこちらです。
ちなみに今月末にはうちにもう一人来ますよ!


年末に出る予定の松永遊糸。

チャームは同じだと思いますが、そのほかの部分は結構違うんですかね、これ。
もう予約してあるんでまぁいいんですけど。


エフェクト色々。

本当に色々増えたよなぁ。
しかしオビツってドールの会社なのに面白いもの出してますよね。
ソフビなんで軽いですし。



スポンサーリンク

「アサルトリリィ 石川葵 レビュー(AK-GARDEN7先行発売分)」への5件のフィードバック

  1. レゴ系のオフ会出ると「武装神姫」のマスターさんによく遭遇します。
    神姫は発売当初のぱっとしなかった印象で(多分騎士子武士子の売れ残りのイメージ強い)、何で今頃人気出てきたのかわかりませんでしたが、「1/12ドールとして活用できる」と知ってなるほどという感じです。これなら再評価?頷けます。
    (ただ、プチドールというジャンルも定着にえらく時間かかった感が。実は薔薇乙女なプチパは持ってますけど、あれ、結構前の品ですよね)

    アサルトリリィ、高額商品ですがそれに見合う出来ではあるようですね。レビュウで伝わってきました。物欲もメラリメラリ。ただ、流石に自分はこれ以上趣味を広げられません(苦笑)。レゴにここまでハマってなかったら神姫とともに夢中になってたかもしれませんが。

    新しく面白い世界を知る切っ掛けになるレビュウだと思いました。1/12ドールも今以上にメジャー化して市場が広がればと思う由です。

  2. もう一つ、武装神姫とアサルトリリィが好ましいのは「オリジナルキャラ」ってことでしょうか。普通のフィギュアでもそんなんですが、他のアニメやゲームのキャラだとその作品好きじゃないと(知らないと/興味ないと)、製品としての出来がよくても(キャラ単独で萌えても)、どうも物欲がわかないのです。好きな作品でもアニメだと旬が短いので、飽きるのも早いかなと躊躇してしまう。

    オリキャラだとそうした抵抗感がない。旬とかないので飽きるまでの時間も長いことでしょう。
    そうした意味でも物欲刺激です。
    (1/12ドールでも特定の作品モデルだとあんまり興味わかないです)

    1. >関山さん
      レビューを楽しんでいただけたなら何よりですw
      アサルトリリィは関山さんと同じように、版権絡まないオリジナルというところが私も好きな所の1つです。
      かっこいいもかわいいも両方いけるところもポイント高いですね!

      色々面白い設定とかもありますし、
      ピコニーモ素体もポテンシャル高いと思いますし、
      もっと多くの人に触れてもらえればなぁ、と。
      人形沼は深いですけどね(汗)

      レゴやってて神姫のマスターな人って意外といるんですよね。
      ブロックトイというところに共通項があるのかもしれません。
      積極的に混ぜよう、という人はあまり見ませんけど、ドールハウス的な遊びにはあってると思うんですよねぇ、この2つ。

      1/12ドールって私の感覚では神姫の展開が終了したあと辺りから盛り上がってきたんですよねぇ。
      神姫は可動面と拡張性において、並のフィギュアをはるかに超えるポテンシャルを持っているのに、惜しいなぁ、と。
      時代がずれたらまた違った展開もあったかなぁ、と残念ではあります。

      噂では動き自体はまだ死んではいないらしいですが…まぁなにか新しいのでたらかいますけども!w

  3. はじめまして。石川葵を買ったのですが、武器を持てずに困っていました。うちのブログでこちらの記事を紹介してもいいでしょうか?
    また、気になる記事がありましたら紹介させてください。

    うちの葵はポーチが一発で折れました。力を入れずに扱ったつもりなのですが。。。

    1. >増えるさん
      はじめまして、コメントありがとうございますm(_ _)m

      記事の方は紹介していただけたら嬉しいです!
      どうぞよろしくお願いいたします。

      ポーチ、折れましたか…
      いじっていてここの強度はちとヤバイな、と思ってましたが、思った以上に折れやすいかもしれないですね。
      自分も気をつけようと思います。

関山 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。